2012年 1月 の記事

宮崎へ行ってきました 1− レトロな列車旅

先週末、写真のお仕事で宮崎へ行ってきました。
お仕事は土日でおしまい。
私は月曜日はお休みのため、宮崎でもう1泊して
少し南の方へ行ってみることに。

月曜日の朝、目が覚めるといいお天気!
橘通りの椰子の木を見上げて南国気分を味わい・・・
たいけれど、立派に寒いんです、宮崎。(^^;


E-P3 / M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

あったかインナー、セーターにコートって、いつもと
変わらぬ冬装備で宮崎駅行きバスを待ちます。

知らない町のバスって、前から乗るのか後ろから乗るのか、
お金は先か後か・・・色々わからなくって、いつも敬遠しがち。
ここ宮崎は後ろのドアから乗り込んだら整理券を取って
着席。ふぅ。


iPhone 4s / App. Instagram 

宮崎駅は改札機がなくて駅員さんが切符にスタンプを押して
くれる、レトロな駅。なんだかあったかくていいです。
そんな宮崎駅から南へ向かう2両編成の列車に乗り込みます。


E-P3 / M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

もちろん、進行方向左手、海側の座席を確保します。


iPhone 4s / App. Instagram 

片道1,080円の行き先は・・・油津。町がレトロで写真を撮る
にはよさそう。るるぶで仕入れた情報だけを頼りに向かいます。

ほんとうは、車窓をたっくさん撮るつもりだったんだけど・・・

気付いたら、爆睡!

そりゃ朝5時や6時起きが3日も続くと仕方ないよね・・・と
自分に言い聞かせながら、目覚めたところでパシャ!
列車は日南海岸沿いを走っていました。


iPhone 4s 

幾度となくハッと目覚めるもまたすぐ寝落ち・・・を繰り返し
気付いたら、日南駅。もう次の駅で下車です。


E-P3 / M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R


E-P3 / M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

そうして宮崎駅から1時間ちょっと。油津駅に到着です。


E-P3 / M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

油津駅は、単線の列車が行き交う駅でもあり、レトロで
かわいい駅舎に駅員さんもいます。

・・・ただし、セーター姿の女性ですが。(^^)


E-P3 / M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

駅の外に出ると、客待ちのタクシーが1台ぽつん。
駅前のシンボルのような椰子の木と写真を撮ったら、
町を散策に出かけます。


iPhone 4s / App. Instagram

ゆるーい、宮崎旅行記、とりあえず、つづく。(^^)

モノクロフィルムの現像

先週末に行われた、モノクロフィルムで撮る『モノクロお散歩会』。
その時のフィルムの現像を行いました♪

預かっていたフィルムと合わせて、全部で11本。

まずは、巻き込まれているフィルムの先端(ベロ)を引き出します。

ここから先、フィルムをリールに巻いて、現像タンクに入れるのは
完全に真っ暗な中で作業します。
光に触れると感光してしまい、もうそのフィルムはダメになるから
です。

かと言って真っ暗闇の部屋で・・・というのはこれまた大変!
そこで便利なのがダークバッグと呼ばれる、両手を中に突っ込んで
作業が出来る暗袋。袋の中は完全暗室となるので安心なのです。

必要なものをダークバッグに入れます。フィルムの端を切り落とす、
ハサミも忘れずに・・・

ここからは、腕から先は袋の中なので手元が見えません。
手先の感覚でフィルムをリールに巻いていきます。

巻き終わったら、暗室に移動!今回は撮影した際の感度が
バラバラだったため、タンクの数が多くなりました。

暗室といっても、現像作業自体は明るい部屋で行います。
タンクの中が真っ暗なので大丈夫なんですね。
薬品の準備もできたら、さぁ、現像を始めますよ!

現像時間は、感度や現像液の温度によって決まります。
データシートを注意深く見て確認・・・

現像液注入を待つ、1本目のタンク。

ここから先は、 一人で次々と同時進行で作業するため、
写真を撮る余裕がありません!(><)

やっとちょっと落ち着いた頃・・・

水洗中のタンクから、定着処理中のタンクたち。
あとちょっとです。

水洗が終わったら、リールを取り出し、フィルムを
外して乾燥させます。

乾燥は専用のフィルムドライヤーに吊るします。
おうちで現像される方は、よくお風呂場に吊るすみたいですね。(^^)

あとは乾くのを待ち、6コマずつにカットをしたら、
コンタクトプリントを取ります。

今日は、ここまで!

お片づけも済んだら最後に1枚。
きれいに並んだリールを眺めるの、なんか好きなんです♪(*^^*)

つくづく、現像や手焼きプリントといった、暗室作業って
好きだなぁと思うワタシなのであります♪

やってみたい!という方は、また『体験ワークショップ』も
行いますので参加してみてくださいね♪

ゴロゴロにゃん!笑

我が家の癒し系、もも。(♀11歳)
(好物:ちくわ・ブロッコリー・きゅうり他、瓜系 etc…)

気が向くとカーペットの上でゴロゴロ・・・

にゃーん♪

気が済んだらくるっと廻って・・・

プイッ。

・・・・・羨ましい限り。笑

『オリンパスPEN 使い方フォローアップ講座』追加開催決定!

1月18日のブログでもご紹介しましたが、2月5日(日)に
『オリンパスPEN 使い方フォローアップ講座』
meriken gallery & cafe にて開催します。

これは、オリンパス主催デジタルカレッジ
『マイクロ一眼カメラ使い方入門講座』のフォローアップ
となる、ワークショップなのですが、募集開始から
1週間経たずとして、ほぼ満席というお申し込み状況
(本当に有り難うございます!)から、追加開催が
決定しました!

現在の募集は下記の通りとなっています。

・【A日程】2/5(日) 10:00~13:00 ※満席にてキャンセル待ち
(対象機種:E-P1/E-P2/E-PL1/E-PL1s/E-PL2)
・【B日程】2/5(日) 14:30~17:30 ※残席わずか!
(対象機種:E-P3/E-PL3/E-PM1)
・【C日程】2/26(日) 10:00~13:00
(対象機種:E-P1/E-P2/E-PL1/E-PL1s/E-PL2)
・【D日程】2/26(日) 14:30~17:30
(対象機種:E-P3/E-PL3/E-PM1)

☆★☆ 詳細/お申し込みはコチラから!☆★☆

『使い方は一通り理解したけれど、もっとPENを楽しみたい!』
というPENユーザーの皆さん、ご参加をお待ちしています!

meriken gallery & cafe にてオリンパス講座を開催しました♪

現在毎月2日間、オリンパスプラザ大阪にて開催している
『一眼カメラ/マイクロ一眼カメラ使い方講座』

昨日初めて、私のホームグラウンドである、
meriken gallery & cafe にて、オリンパスPEN の使い方、
『 マイクロ一眼カメラ使い方講座』を開催しました。

昨日の講座の対象機種は、午前中がE-P3、午後は
E-PL1、E-PL1sE-PL2。どれも人気のカメラなので
会場がぎっしりとなりました。

これは、『買ったものの、使い方がよくわからないぞ』
という方向けの、まずはカメラの操作に慣れて頂く、
また基本的な機能を知って頂く講座です。

いつもは別の場所で話している内容を、自分のホーム
グラウンドで、というのはこれまたなんだが妙な違和感が
あるものです。(笑)

機能の説明ゆえ、カメラのモニターをプロジェクターで
映し出して、できるだけわかりやすく説明します。

さらに、口頭説明とモニターだけではイメージは掴みにくい!
と思うので、実際に撮影した作例を多数準備、
皆さんお一人おひとり、手に取って見て頂きます。

こうして、いつも2時間半の講座は意外とあっという間なんです。
初めての神戸、meriken gallery & cafe での開催は
ホームということで、私自身がまた違った空気を味わえて
楽しいものとなりました。

今後の使い方講座の予定/お申し込みはコチラです。
オリンパスPENの使い方に自信のない方は是非!
また、購入を検討中の方は、貸出機もありますので
実機を触りながら使い方を試せますよ♪

そして使い方講座で学んだことを実践してみたいな、
という方は、是非2/5(日)開催の
『 カメラ使い方講座フォローワークショップ』
ご参加下さい♪ 実際に様々なアートフィルターを試したり、
PENには実は、まだまだこんな機能があるんですよ!
ということをご紹介します♪

ちなみにこちらの講座、大変好評につき、A日程は現在
キャンセル待ちとなっておりますが(ありがとうございます!)、
B日程はあと若干名ご参加頂けます。

また、もっと詳しい撮り方、絞り優先モードや
シャッター速度優先モードなどを使った撮り方をしっかり
学びたい!という方は、ぜひ『 一眼カメラ撮り方入門講座』へ!

PENって、ほんとうにいろんな可能性を秘めた、
楽しいカメラなんですよ♪

ロモラボ現像 − タングステンフィルム+クロスプロセス編

台北のロモショプで仕入れた、タングステンフィルム
よくある、白熱灯下での色の狂いをなくすため、
むしろ白熱灯下で色が合うように作られたフィルム。

それを、場所を選ばずじゃんじゃん撮って、さらに
クロスプロセス現像、つまり ポジなんだけど、ネガ現像
しちゃう。と・・・。

(注) 撮影場所は、あいにくと我が家とその周辺につき、
被写体にはあまり注目なさらないでください。
タングステンフィルム+クロスプロセスの
色の変化を純粋にお楽しみ下さい!

すみませーん、ストーリーも何にもなくて。(^^;

でも1本のフィルムでこれだけ色が変わることに
驚き!意外な色の組み合わせが面白いです。

フィルム自体はとても面白いことがわかったので、
これはココイチというときに使おうっと♪
(だって、高いんですものーw)

台湾日記13 (最終回)− 遂に帰国・・・カメラで遊び倒す機上編♪

小龍包、豆漿、麺線、お粥・・・後ろ髪を引かれながら
(食べ物ばっかり?!笑)、バスに揺られて空港へ。
この間、爆睡につき、写真は、なし。

チェックイン風景、それと案内板も、いちお、パチリ。

こういうのは、後々何かと役に立つのだー。

あとはDFSを巡り、お土産を 買い足し、機上の人へ。
相変わらずの雨模様。そういえば、前回のドイツも帰国時の
デュッセルドルフ空港は雨だっけ。

離陸あたりの様子は、デジカメでは撮影できないため
フィルムで撮ったコチラへ。

ポーン。

合図が鳴ったら電子機器=デジカメ使っていいよのサイン。
そそくさと取り出して窓の外を撮影します。
※8時間を超える長距離路線は、通常通路側席を
選びますが、今回は短距離につき窓際を選択。

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R・ISO200・モード:P・AWB

そうだ、ホワイトバランスを蛍光灯にしてみよう♪

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R・ISO200・モード:P・蛍光灯

さらに、アートフィルター使ってみよーっと♪

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R・ISO200・モード:P・WB : 蛍光灯 + アートフィルター : ポップアート

ここから火がついて・・・笑

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0・ISO200・モード:P・AWB + アートフィルター : ラフモノクローム

↑・・・なんだか出撃!って感じですね。苦笑

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0・ISO200・モード:P・AWB + アートフィルター : クロスプロセス + ホワイトエッジ効果

↑ちょっと、不思議世界になりました。

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0・ISO200・モード:P・AWB + アートフィルター : ドラマチックトーン+ ホワイトエッジ効果

↑なんだかおどろおどろしいですね。笑

・・・そうだ!ホワイトバランスを、小龍包を撮ったときに
使ったマニュアルモードにしてみよう!そんでもって、
アートフィルターも使ってみよう!
(もう、なんだかよくわからない、やりたい放題です。w)

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0・ISO200・モード:P・WB:マニュアル + アートフィルター : ポップアート + ホワイトエッジ効果

↑ぴんくーーーーー!そしてフチが白くなって
可愛いぢゃあないの!ついでにこのWBで機内も、
ノーファインダーでパチリ♪

うーん、面白いっ!(^^)
おっ!眼下に広がる雲が綺麗だ。ここはWBを電球モードで。

E-P3+ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8・ISO200・モード:P・WB:電球 + アートフィルター : ポップアート

とまぁ、散々遊び倒しまして。

勿論、途中で出て来た機内食は押さえておきます。

ちなみにデザートは、ハーゲンダッツのバニラアイス。
ビールはやっぱり一番搾り♪

と、そうこうするうちに、飛行機はだんだんと高度を下げ始め・・・

雲に突入の瞬間。
そのままどんどん高度を下げて・・・

ポーン。

『これより先、電波を発する電子機器類は、ご使用を
お控え下さい。』

はーい。デジカメ、バイバイ。
そうして無事、関空に着陸。その模様はやはりコチラへ。

その後、入国審査場へ向かう電車(?)から。

ちょうど夕刻、雲と影がキレイなのでした。

その後、無事再入国を果たし・・・荷物をピックアップ。
出て来た、出て来た、私のスーツケース♡

・・・いつもは私のスーツケースがピカイチ目立つんだけど
(だから黄色にしました)これは初めてのパターン!
思わず急いでパチリ!

こうして私の台北ひとり旅は幕を閉じたのでした・・・。

最後に。リクエストを頂きました、今回の旅の装備を。

まとめるとこんな感じですか。
・スーツケース(もうひとまわり小さくてもよかったなー)
・レスポートサックのボストンバッグ(M)
Gollaのカメラバッグ (M)
・貴重品類を入れる斜め掛けバッグ

ちなみに搭乗時、カメラバッグはレスポのボストンに収納されます。
撮影時は斜め掛けバッグを左肩から斜め掛け、右肩に
カメラバッグ。こうすると疲れにくいことが判明!

皆さんの旅の装備も、むしろお伺いしたいワタシです!

台湾日記全13編、お付き合い頂き、ありがとうございました。

あと、残りのロモフィルム『タングステンフィルム+
クロスプロセス』(こーれがまた面白い!乞うご期待!)と、
それ以降はとりあえず日常をアップしていきますね。

今後とも、よろしくお願いいたします。