2012年 7月 の記事

イタリア(&ドイツ)日記18 – ドイツへ

3月14日(水) 天気:晴れ

いよいよ、ドイツへ移動の日。
朝6時台にはリオマッジョーレを出発、ひたすら北上して
ドイツ・デュッセルドルフへの到着は18時半頃の
予定という、1日がかりのまさに移動日。

アパートメントタイプのこの宿、チェックインなどの
手続きをするオフィスは少し離れた場所にあり、
従業員の勤務時間も普通のオフィスタイム。
こんな早くのチェックアウトには対応してくれないのか…
と思いきや、前日の夕方に会計は済ませておけば、
チェックアウト当日は部屋の鍵を食卓の上に
ぽん、と置いておけばよい、という…
オートロックだからできる便利なシステム♪

重たいスーツケースをゴロゴロ引きずりながら、
まだ夜の明けきらない中、電車の駅へ向かいます。

ほんとうは、あと1本遅い電車=1時間後でも
よかったんだけれど。何しろタイムスケジュールは
アテにならない!万が一その電車が遅れたら、
乗換の電車に間に合わなくなって、そうしたら飛行機に
乗り遅れる!そんな連鎖反応が怖くて、つい1時間早く
出てしまった、A型のわたし。

乗換駅のLa Spezia に着いたら、朝ごはんでも食べるとしよう♪
イタリアなら、すてきなバールでもあることでしょう♪

そんなわけで、意気揚々とLa Spezia の駅に降り立ったわたし。
そこにあったのは。

見慣れた黄色い『M』のマーク。
・・・マクドナルドっすか?!(しょぼーん。。。)
他にないので仕方なく入りましたとも。
でもそこはやっぱりイタリア。

大きなエスプレッソ・マシンがでん!でん!でん!と3台
鎮座しているわけですよ。
パンもペストリーやサンドイッチ各種が選べ…

カフェラテとクロワッサンの朝ごはん、これも朝マックと
言うのだろうか…

朝ごはんが済んだら駅を探検に出かけましょう♪

La Spezia はイタリア・リグーリア州、ラ・スペツィア県の
県都というだけあって、駅も大きいわけです。
ちなみにイタリア海軍の重要な軍港のある街だそう。

ここからトリノ行きの電車に乗り、ジェノヴァで
もう一度乗り換えてミラノを目指します。

乗り込んだ電車から見える車窓、同じ地中海なのに
来るときのようにキラキラを感じるというよりも
どこか物悲しく見えるのは、おそらく私の心模様よね…

そうしてミラノ中央駅に到着、そこからはシャトルバスで
ミラノ空港へ。乗り込んだルフトハンザ機の座席は
最後列の窓際。うん、短いフライトだし、外の景色でも
楽しみましょう♪ と思ったら…

なんと窓がない!窓際なのに、窓がない!(しょんぼり…)

仕方ない、前の座席との隙間からなんとかアルプスを
越えてゆく様子を撮影。

約1時間半のフライトののち降り立ったフランクフルト国際空港。
ここからは鉄道での移動ゆえ、駅を目指して歩きます。
と…

A380〜っ!滑走路へ向けて悠々と移動してゆく
その凛々しい姿に、思わず動く歩道を飛び降り、
窓にへばりついてガン見です!いつか、乗ってみたい…

さて、ドイツ国鉄ことDB の駅に到着。

わたしが乗るのは、17:25発のICE (Inter City Express =
時速300キロで走る、ドイツの高速鉄道) 624。
乗車時刻が近づいて来たのでプラットフォームへ降りると。

さっむ!

昨日までのイタリア、地中海沿いの暖かな気候がウソのよう…
そして、電車が来ない!
3分過ぎたけど、来ない。
5分過ぎたけど、来ない。
そこで気付くわたし。『10min behind the schedule』の文字…
やれやれ。いいけど寒いのよぅ!
やがて10min が、15minになり、さらに20minに変わり…

結局かれこれ30分近く遅れての出発。
やっぱりアテになりません、タイムスケジュール。

さらに、ですよ。
乗り込んだ車両を間違え、せっかく取った指定席に
辿り着けず…(マヌケ!) そう、わたしの席は、連結部分の
向こう側だったのね…ま、空いてた席に座れたから
いいんだけれど。

そうしてようやく目的地、デュッセルドルフに着いたのは
やっぱり予定より30分遅れの19時前。

この街は去年の4月に訪れて以来の2度目。
今回は友人に会うだけなので、駅前のホテルに
チェックインしたら、早速友人と晩ごはんに繰り出します。

イタリアからドイツへ。国境を越えて、人々の話す言葉が
変わったけれど、パスポートコントロールがなく、
通貨が変わらないってやっぱり便利♪

そんなことを思いながら、いよいよ明日は帰国の途に!

つづく

広告

イタリア(&ドイツ)日記17 – チンクエテッレ最終日その3

【おしらせ】
このイタリア(&ドイツ)日記をはじめから通して
読みやすいように、今更ですが『つづく』を
クリックすると続きが読めるように変更しました。
イタリア(&ドイツ)日記1

チンクエテッレ最終日の、午後。もうあと数時間の滞在を
どう過ごすかはとても重要なのだけれど、ここはもう
ベースキャンプとなったリオマッジョーレをこころゆくまで
お散歩するとしましょう。


電車の線路上の広場

お土産を部屋に置いて再び町へ。
線路上の広場の裏手から、再び細い路地へ。


あるお宅の郵便ポスト

しばらく歩くと『PAESE』の文字と矢印が。

文字の意味はわからないけれど、 黄色い矢印に沿って
階段を登ってみることにしよう。

数段登ったところで後ろに気配を感じて振り返ると。

こちらを見上げる、にゃんこ。にゃ〜!と一声鳴くと、
こちらへ向かってきてそのまま、わたしを追い越して
さらにすたすた・・・

まるで、ついていらっしゃい!とでもいうように、
ときどき立ち止まってはこちらを振り返り・・・

階段を登っては下り・・・

一体、どこへ案内してくれるの?

…その答えは。

なんとさっきの、電車の上の広場!あの、猫集会が
開かれていた場所なのでした。

これから夕方の集会でしょうか。あいにくと、彼等の
ことばのわからない私は猫集会への出席は遠慮して
(招待されてもいないけれど)、さよならを告げると
随分傾いてきた太陽に追い立てられるように、こんどは
町のメインストリートの坂道を登っていきます。

長く伸びる影を追いかけてあちこち歩き回るうち、
いよいよ最後の日没が近づいてきました。
最終日の太陽が沈むところはぜひ部屋から眺めたい…
ということで、急いで部屋へ戻ります。


夕暮れのかもめ

冷蔵庫に残っている食べものは、今日中に処分しなければ
なりません…という大義名分のもと。

窓の桟に腰掛けて、夕暮れ色に染まり、刻々とその色を
変えてゆく入江を眺めます。う〜ん、贅沢な時間!

あたりがとっぷりと暮れたら、最後の夜景を
カメラに収めましょう。


E-P3 / M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
マニュアル・F8・10秒・太陽光
ARTFILTER : ドラマチックトーン + フレーム効果

いよいよ、夜が明けたらドイツへ向けて出発です。

つづく

イタリア(&ドイツ)日記16 – チンクエテッレ最終日その2

ええ、今更感満載、随分大昔のことで
気が引けるのも事実なのですが。(汗)
ちゃんと、終わらせようと、おもいます。(笑)

てことで、チンクエテッレ最終日のつづき。
(どこから始まってるわけ?という方は
ぜひこちらからご覧ください。)

ええと、最終日の朝は、まずリオマッジョーレを
お散歩したんでしたね。
そしてお土産調達のため、再度お隣の町マナローラへ。

マナローラの町に着いたら、荷物が増える前に
やっぱりお散歩、急な坂道を海辺の崖上にある
家々のほうに向かって登っていきます。

ちょうど崖の上、家並みが途切れた隙間から
海のほうを望んでみると・・・

断崖絶壁の上にいるのがわかるかしら?

そして、ひしめき合って建つ家々の端に
海にせり出すテラスのように造られた、小さな広場。

ここでお祈りをするのでしょうか。海に向かって十字架が。

ここから下、つまり海を見下ろすと・・・

この透明感!あぁもう!ほんとうにキレイなんです!
顔を上げるとこの眺め。

手前はマナローラから続く遊歩道と公園、入江を挟んで
崖の上にはコルニーリアの町、 さらに遠く、
モンテロッソの街並も 見えています。

さて、お目当てのお土産屋さんへ向かうべく、
海に背を向けて見える景色は、ひしめく家々とすぐそこまで
迫り来る山!狭い土地に暮らす人々の知恵を改めて感じます。

そんな町の狭い路地では、海辺の町らしく、
古い浮き輪を飾りにしていたり…

誰かの抜け殻(笑)を発見したり!(^^)

そうして目星をつけておいたお土産を調達したら、
ついにこれが最後。『愛の小道』をリオマッジョーレへ。
マナローラのカモメにお別れのごあいさつ。


チンクエテッレ最終日の午後へとつづく

近況報告 & little more

すっかり、ご無沙汰しちゃってます。
最後の更新が5月4日…!(><)

この2ヶ月の間(主に6月の間に、ですが)、
まぁイロイロとありまして。
ご存知の方も多いと思いますが、波止場写真教室の講師を
卒業することになり、その後ちょいと空の旅など
してみたりして、 6月は1ヶ月の半分近く
家を空けていました…は言い過ぎか。(笑)


PEN E-P3 M.ZUIKODIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R

旅が好き、写真が好きなワタシですが、
そもそも人生そのものが旅とも言えるわけでして。
ええ、これまでもかなり紆余曲折なワタシですから(苦笑)
これからも山あり谷あり、そんな人生の旅を
大好きなカメラで切り撮って、マイペースですけれども
このブログにも載せていきたいと思います。

ので!ときどき覗いてみてくださいね♪

…って、そういえば。
イタリアが終わってないんだっけ?!(^^;;
(みんなもう、忘れちゃってるよ…ね?!)