カテゴリー : Photrip

真夏のクリスマス

img_5704

先の年末年始、クリスマスとお正月をまたいで3週間、オーストラリアはシドニーに行っていました。ちょこちょこと滞在中のエピソードあれこれを書いてみたいと思います。旅先とはつまり「住み慣れた国、日常から離れた世界」での印象ゆえ、決してオーストラリアが100%良い!翻って日本はダメだよね〜などとということではございません。それぞれに一長一短がありますよね。その旨先に書き添えておきたいと思います。

さてまず最初に。
みんなからサンタクロース🎅の格好をしたサーファーの写真よろしく!というリクエストを多数頂いたのですが…

サンタサーファー、おらん〜‼︎ ヽ(´o`;

観光客の多いボンダイビーチにでも行けばいるのかもしれないけれど、あいにくと今回はボンダイからは遠く…

そのかわり、ではないけれど、あちこちでいろんなサンタさんに出くわしました。

ショッピングモールで出会った、ベビーカーに乗った可愛いサンタさん。
170113003

道の向こうから全員でクリスマスソングを歌いながらやってきたサンタファミリー。
161223001

スーパーではサンタさんとトナカイが仲良くレジに立ち、
170113004

シドニーではサンタさんはトナカイではなくバスに乗ってやってくるようです。w
161223002

スーパーのレジはともかく、バスの運転手さんがサンタ帽とか、日本じゃちょっと考えられないわけで。そんなことしようもんなら…「勤務中にけしからん!」と、まぁ叩かれるよね〜。

サンタ帽かぶってようが、ちゃんと仕事してるんならいいじゃん。

確かにそうだよね。そんな寛容さはええなぁ〜と。だって「今日はなんかツイてないんだよね…」ってクサクサしてても、こんな運転手さんに出くわしたら思わずニヤッとしちゃうじゃん?(*´艸`*)

ただ時として日本人の感覚的には信じられないくらいゆる〜いようでして…。私が実際に目にしたわけではないのですが、友人曰く
「飲酒検問してる警察官がサンタ帽🎅」(説得力、なくない?w)
とか、
「毎年あそこの消防車、🎄クリスマスデコレーションがすごいんだよね。トナカイの角とかつけちゃってさー。もし自分ちが火事になって、あの✨キラキラデコレーション消防車🎉に来られても、”ちょっと待て〜い!ホントに火ぃ消せんの?”とか思っちゃうよね〜www」
というお話も。

お国柄色々。
クリスマスも色々。
お正月だってやっぱり色々…大晦日〜元旦にかけてだけ特別に終夜営業のバスの運転手さんがめっちゃファンキーでおめでたい彼だった件。

img_5421

HAPPY CHRISTMAS & NEW YEAR!

…今さらだけど。

ウサギと猫の島再訪(ツアー)

small.jpg

昨年2度訪れたウサギの島と猫の島撮影ツアーですが、大変ご好評につき、3月末に3度目のツアーを開催して頂けることになりました。今回はルートが少し変更になり、映画「崖の上のポニョ」で有名になった鞆の浦にも立ち寄るという贅沢な内容になっています。

◾︎ 日時:2017年3月28日(火)〜29日(水)
◾︎ 出発地:大阪(新大阪) 及び 名古屋(新幹線で新大阪に移動後、合流します)
◾︎ 訪問先:大久野島(ウサギの島:広島県)、鞆の浦(広島県)、佐柳島(猫の島:香川県)、白石島(岡山県)
◾︎ 詳細・お問い合わせ:大阪出発はコチラ、名古屋出発はコチラ

平日開催ではありますが、よろしければぜひ一緒にうさぎまみれ、猫まみれ、そしてポニョを探しに(笑)行きませんか〜ヾ(・∀・)ノ

 

2017年もよろしくお願いいたします

2017_s

At the first, thank you very much for Micha and Sofia, and all my friends, people that I’ve seen in Sydney. まりえちゃん、りゅういちくん、あやさん、由美子さん、Ponkhee & ソイ、よっしーご夫妻、そして九州レストランの皆さん、ありがとうございました!

新しい年を迎えてもう10日になろうとしていますが…💧うっかりすっかり遅くなりましたが、もうおめでとうございますとは言わないのですよね?💦

そんなこんなで、南半球、オーストラリアはシドニーでクリスマスとお正月を過ごし、今朝無事に帰国&帰宅いたしました。3週間、長いはずがあっという間…😢

年越しはシドニーの花火を見て過ごしました。これ、すごいんです。あっちでもこっちでもさらにそっちでもドッカンドッカン上がって日本じゃちょっと考えられないくらいのど迫力。写真右手はハーバーブリッジですが、この通り橋が焼け落ちるんじゃないかっていうくらいで、日本じゃきっと消防法的にアカンのちゃうん〜?と思うんですが。。。😅(そして更にすごいのが、この状態でも橋の上を電車が走ってたりするっていうね…ありえなくないっすか?笑)この花火のために、ワタクシ、大晦日の朝の8時前から年越しまでなんと16時間場所取りしたとか、今となってはいい思い出です…(ようがんばった!! 笑)

真夏のお正月は同じシドニーで2回目だったのですが、真夏のクリスマスは初めてでした。そして今回はホテル滞在ではなく、友人のおうちに数泊させてもらったのと、あと初めてAirbnb(民泊)を利用し、ドイツ人とコロンビア人カップルのお家に2週間滞在していました。滞在中のあれやこれやのエピソードは追ってUPしていきたいと思います。☜ 自分にプレッシャー(笑)

さて明日から始動です。
どうか皆さま、2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

VIPルーム撮影会 @ 海遊館

これまたクラブツーリズムさんの企画で、海遊館撮影会、し・か・も!なんとVIPルーム👑でゆったりと…という素敵企画がありました。

7/21(木)のこと。いくら平日と言ったって、世の中はちょうど子どもたちが夏休みに突入したくらいのタイミング。そりゃもう結構な人出で、通常の観覧スペースは子どもたちの楽しそうな声に、日本語ではない言語が入り混じってなかなか賑やか。いくら巨大な水槽といえど、これじゃ最前列に陣取ってゆっくり撮影…は難しい💧

でーも大丈夫。今日は私たち、VIPルームを貸し切りなんですもの✨

IMG_2885

壁を隔てた喧騒をよそに、涼し〜いお部屋でゆ〜ったりと撮影を堪能していただきました。とはいえ、かーなーり暗い環境でして、おさかなを眺めるにはもちろんとてもよいのだけれど、カメラにゃツライ…💧ピント合わせが大変大変… 😓ゆえに、皆さん無言になって黙々と撮影にいそしんでおられました…😅 途中、メンテナンスのためにダイバーさんが現れたり、ジンベエザメのお食事タイムがあったり。撮影も多重露出にチャレンジしてみたりと、撮影場所が1か所のみで大丈夫かな?とも思いましたが、意外とあっという間。最後はこの日の1枚をプロジェクターで投影しながらの講評タイムをもってお開きとなりました。

ジンベエザメの食事、すごい迫力でしたね…。エサも水もザブザブ丸呑みして、エラから排水。…うまいことできてますねぇ〜ヾ(´ε`*) ジンベエザメの食事タイムが終わると、それまで誤ってジンベエくんに吸い込まれないために警戒していたらしきお魚たちが一斉に元気よく水槽中を泳ぎ回っていたのが印象的でした。🐠🐟 そら、間違って食べられたらえらいこっちゃやもんね!!💦

ご参加いただいた皆さん、お疲れさまでした、ありがとうございました!!

ところでそんな海遊館でのVIPルーム撮影会も、「行きたかったけど仕事が…!」という皆さんのお声にお応えして、10/8(土)に再度設定していただきました。VIPルームでの撮影会終了後、お時間のある方は通常の観覧スペースにもご入館いただくことができますので、かなりお得かなぁと思います。よろしければ、お誘い合わせの上ご参加くださーい!ヾ(・∀・)ノ

詳細・お申し込み等はコチラから、よろしくお願いいたします。

最後に…今回はワタクシほとんど撮影しておりませんで、以前撮った多重露出の例を載せておきますね☆(VIPルームからではないのですが💦)

JPEGイメージ-9E90F6BAC48F-1

ウサギの島と猫の島

今月半ば、クラブツーリズムさんの1泊2日の写真撮影バスツアーで、うさぎ島と猫島へ行ってきました。

通称うさぎ島こと大久野島は、広島県竹原市の沖合3kmのところに位置する、周囲4kmほどの小さな島。現在は国民休暇村となっており、野生化したウサギがなんと700羽(!)いるというウサギの楽園。以前、京阪神エルマガジン社の「旅本」という雑誌にこの国民休暇村が紹介されていたのだけれど、そのコピーがすごい。「全室オーシャン&ウサギビュー」…(笑) そりゃもうめっちゃ行きたかったのんー!!(≧∇≦)

で、実際のところはどうかというと。

IMG_2850

左の建物が国民休暇村の宿舎

全室ウサギビュー…ホンマでした。(*´艸`*) 島内は至るところにウサギがぴょーん。右を向いてもウサギ、左を向いてもウサギ、前もうしろもとにかくウサギ…(残念ながら、宿泊地はココではありませんでしたが…😢)

いやしかし。かわいいもんですねぇ〜♡ 長いお耳に常にヒクヒクと動くお鼻。2本足で立ち上がってエサをおねだりし、疲れたらびよ〜んと寝そべって。まぁるいしっぽがこれまたキュート!癒されるわぁ〜(*´ω`*)

そんな癒しの島、大久野島ですが。実は、かつて(昭和初期から終戦まで)毒ガス製造工場があり、国家機密ゆえに地図から消されていたという黒歴史を持つ島でもあります…。終戦後に残っていた毒ガスは処分され、現在はその遺構を見ることができます。とはいえ…毒ガスの貯蔵倉庫跡とかね、なんとも生々しくて、私はレンズを向けられませんでした…。(´・_・`) 唯一、発電所跡の建物だけはカメラに収めましたが、THE 廃墟。この日も建物の前で女の子のポートレート撮影されてる方がおられましたねー。

IMG_2863

発電所跡

そして2日目は、岡山県の笠岡港からチャーター船に乗ってふたつの島へ。ひとつ目の島は香川県に位置する佐柳島(さなぎしま)。今や人口よりも猫の数の方が多いと言われる猫の島。ここでは防波堤を渡り歩くネコたちが、その切れ目を華麗にジャンプする「飛び猫」で有名な島です。

早速わたしたちも飛び猫を撮ろうと勇んで向かったわけですが…この日はもともと雨予報だったお天気が急に回復したのは良かったものの、今度はかんかん照りで暑いったらありゃしない!! この暑さにネコたちもぐったり、ジャンプどころじゃございませんて。そこをなんとかお願いっ!! ってことで、佐柳島産の煮干しを袖の下に交渉した結果、なんとか数回飛んてみせてくれました…やれやれ。じゃなくて、ありがとう、ネコたち!(※佐柳島はエサをあげてもOKでした。が、ここはキャットフードじゃなくて地産の煮干しで。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わたし、この時煮干し係だったがゆえにこの角度からになりましたが、皆さんはニャンコの真横から、真っ青な海を背景に見事なジャンプを撮っておられましたよー。

佐柳島は春のベビーラッシュのあとで、そこかしこに親子の姿も。仔猫ってやっぱりかわいいもんですね…

この日、もうひとつ訪れたのが、同じく猫の島として有名な真鍋島(こちらは岡山県)。自動販売機ひとつない(!)佐柳島からすると、真鍋島は都会(とは現地のガイドさん談)。子どもたちがいて、映画「瀬戸内少年野球団」のロケにも使われた古い木造校舎が今も現役で中学校として使われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映画のロケ地となった真鍋中学校

猫の数はおそらく佐柳島の方が多いですが、港の近くや路地裏を歩くとあちらこちらで猫に出会いました。(真鍋島はエサやり禁止でした。)

IMG_2878

そんなこんなで、ウサギと猫にまみれて撮影を楽しんだ2日間。楽しく癒されました〜ヽ(´∀`*)ノ

そして今回行ってみて知ったのですが、佐柳島と真鍋島、お隣どうしの島なのに、香川県と岡山県だからか、ふたつの島を行き来する定期船がなく、1日で両方の島を訪れることは基本的に無理なんですって。これはやっぱりチャーター船の使えるツアーならでは、ですね。

そんな、ウサギ島と猫島へ行くバスツアーですが、ご好評につき、9/5(月)〜6(火)にももう一度ツアーを組んでいただきました!大阪出発名古屋出発(新大阪駅で合流)があります。良かったらこの機会にウサギ三昧ネコ三昧の撮影を一緒に楽しみませんか〜。

JPEGイメージ-06CBDEB8664F-1

 

 

水族館撮影会2連チャン♪

毎度お世話になっております奈良のPhoto Gardenさんの遠足撮影会(勝手に命名w)で、竹原でのPEN-F撮影会を挟んで木曜日と日曜日の前後2日間、神戸市立須磨海浜水族園🐟🐠🐬へ行ってきました。

「行ってきました。」って。…ええ、めっちゃ地元ですとも。w(今は違うけれど、元々須磨区民だったしねー。)今回、Photo Gardenオーナーの辻さんが、「いつも(奈良まで)来てもらってるので今回はそっちに行きますねー♪」と仰ってくださった、ので「遠足撮影会」と命名しました。(これを書きながらの思いつきですけどね。w)

講座とか撮影会とかね、そもそもいっつも悩むんですよ。平日にする?週末にする??って。ならば両方開催しちゃおうぜ!! って、近所の私はもちろんウェルカムですが、はるばるお越しくださった辻さん(しかも木曜日はお店をお休みにしてまで!)、本気度が伺えます。ありがとうございます!!

そして当日。木曜日も日曜日も、本当にたくさんの方にご参加いただきました。しかも、ですよ。関西圏のみならず、海を越えて徳島とか、山を越えて鳥取(それも西部の大山の近く!!)とか、びっくりするような遠方からもご参加くださいまして。近くの方も遠くの方も、本当にありがとうございます。ちょうど梅雨の時期なわけですが、開催日の前後はそれぞれ豪雨に見舞われたというのに…この二日間はどちらも晴れ、それも快晴!! ☀️すご〜い!!

さて、そんな撮影会。まずは暗い館内や飛び跳ねるイルカショーをどう撮ったらいい?を、簡単なレジュメをもとにお話しさせていただき、それからいざ撮影へ。

最初に大水槽でひらひらした生き物たちにゆる〜く出迎えられ…

IMG_2508

スマスイ名物のぎゅうぎゅうな「土管アナゴ」をぎゅうぎゅうになりながら撮影し、

IMG_2493

撮影:Photo Garden 辻さん

狙うはイルカジャンプ!! 木曜日は客席にも余裕があり、ゆったり楽しめたものの、日曜日の客席ときたら…これまたハンパないぎゅうぎゅう!! なんじゃこりゃー (꒪⌓꒪)!!

IMG_2503

撮影:上(木曜日)…クキモト / 下(日曜日)…Photo Garden 辻さん

…スマスイ、こんなにも人気があったのね…なんてミョ〜に感心してる場合ではなく。

JPEGイメージ-11BE77B16BF5-1

それから各々亀さんやペンギンそれにラッコに会いに行ったり、あとなぜかカピバラがお風呂に浸かってたりもして。スマスイ、がんばってるよ!

IMG_2506

small

最後に園内のカフェレストランにて講評タイム。(和楽園さん、ありがとうございました!)今回は撮れたてほやほやの写真をすぐにSNSにUPして、みんな手元のスマホやタブレットを見ながらの講評、というなんともイマドキなスタイルにて講評させていただきました。

IMG_2522 (2)

そんなこんなでやっぱりいくら時間があっても足りない感じがしますよね、撮影会って…。今回は二日とも非常に暑い中、皆さん、辻さん、お疲れさまでした、ありがとうございましたー!!

IMG_2498

撮影:Photo Garden 辻さん

須磨水族園って、須磨海岸のすぐそばにあります。せっかくなので撮影会終了後にそれぞれお時間ある方と砂浜をおさんぽしながら帰ってきました。

JPEGイメージ-39657F92A278-1

JPEGイメージ-4C7D22FB8B29-1

やっぱり海はいいですね!! あ〜楽しかった!! ヽ(´∀`*)ノ

Photo Gardenさんもこの撮影会についてBlogを書いてくださっていますので、ぜひそちらもご覧くださーい!

 

 

4/30(土) 伏見稲荷大社で撮影会です

01

ちょいとお知らせ続きになっちゃいますが…
なんかそういったことで春を感じますねー。笑

ちょっとその前に。
今日、3月11日は東北の大震災の日ですね。5年経った今もまだまだ復興途上とのこと。色々とこの国全体が抱える問題山積み、という気がしますが、「忘れずにいること」ってとっても大事なことだと思います。(災害そのものも、亡くなった方のことも。その人がこの世にいた、ということを思い出すことが供養のひとつじゃないかと常々思っています。)

さて、タイトルの件ですが。
4月30日(土)に京都の伏見稲荷大社で撮影会、となりました。
主催してくださるのはこれまで何度も撮影会やワークショップでお世話になっている工房絲(su-)さん。そう、私が使っているカメラストラップ、よく皆さんから「かわいい!どこのですか〜?」と訊かれますが、あのストラップやカメラバッグなどを作っておられる工房さんです。(そのあたりはコチラでご覧いただけます。)

■日時:2016年4月30日(日) 13:30〜17:30
■場所:伏見稲荷大社 (JR奈良線「稲荷駅」下車すぐ、京阪電鉄「伏見稲荷駅」下車徒歩5分)
※ カメラのメーカー・機種は問いません!

その他詳細・お申し込みはコチラからご確認ください☆

先日、大雨の中ロケハンに行ってきまして。私、生まれも育ちも関西なんですけど伏見稲荷大社って初めてでしてww。あの千本鳥居は本当にすごいですねー。「海外の方が行きたい場所No.1」に選ばれたそうですが、納得、でした。あいにくの大雨なのに、着物の女の子がわんさか!さらに和傘とか、絵になるとはいえ大変そうでしたね…

雨(しかも大雨w)の伏見稲荷はなかなかに独特の空気感で、「そういう雰囲気の写真」になりましたが(笑)、当日は晴れますようにー!(何よりカメラが心配ですやん??←)

03

絲(su-)さんによると…

「伏見稲荷大社は全国に3万社くらいあるお稲荷さんの総本山。
神様の中でも「正一位」という最高位の神様が祀られている、
格の高いパワースポットです。

邪悪なものを払うとされている朱色をした千本鳥居。
ここを通ると願いが通る(叶う)とされています。
稲がたわわに実って「稲荷」と名付けられたことからもわかるように、
商売繁盛、良縁成就、家内安全、芸能上達など、
たくさんのご利益があるんですって。」

とのこと。(スミマセン、Blogから拝借しました!)
私は…商売繁盛、良縁成就、芸能上達 あたりを主にあやかりたいなぁ…(欲張り?!)

ということで、一緒にお稲荷さんに行きませんか〜。
皆さん、よろしくお願いいたします☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

案内板の文字がまたお稲荷さん!

 

旅のトラブル(大したことじゃないけれど)と、謎…

JPEGイメージ-FC4BA789A0A6-1

北角(North Point)にて OLYMPUS PEN Lite E-PL7, ボディキャップレンズ BCL-0980

【先にお知らせとお礼】
フォトカルチャー倶楽部の「写真部」、そしてPhoto Gardenさんの写真教室「LEAVES」はありがたいことに満席のお申し込みを頂いたようです。…びっくりー!ありがとうございます!「SEEDS」はまだお席があるそうですので、引き続きよろしくお願いいたします。

さて。
先週、ちょいと香港に行ってまいりました。
旅にトラブルはつきもの…とも言いますが。
トラブルも大小ありまして、今回(というかこれまでも)大きなトラブルに見舞われたわけではないんですが、なんかツイてないぜ…!な、旅でございました…

【その1】
2日目の朝、右目のアイラインを描いたところでアイライナーのインクが切れる。
工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 …今っ?! .。oO (片目しか描いてないよ?w そして家に新しいの、買い置きあるのに…

【その2】〜【その5】

ホテルの部屋の電気が…とか、お湯が…とか、乗ってたトラムが…とか、両替が…とか…まぁ省略。

【その6】
さぁて今日の夜の飛行機で帰るよ!な最終日。現地在住の知人と12時に待ち合わせ☆
腕時計は10時50分。よしよし、まだ余裕あるな。…というか、さっきからあまり時間経ってないなぁ

ふとiPhoneを見る

「11時23分」に、思わず画面を二度見する

当然、iPhoneがおかしくなった!と、思って腕時計を見る

時計の針がピクリとも動かないことに気付く(電池切れ)
工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 …今っ?! .。oO (よりによって待ち合わせ前に?!

そして帰国するや否や、自室の机のスタンドが壊れるの巻。(電球が切れた、ではなくて)
…これ、気に入ってるんだけどなぁ。まだ売ってるかなぁ。。。(今も手元が暗いです…)

なんか、お祓いにでも行った方がいいのかしらん?笑
なぁんて、無事帰ってきてるんだし、たまたま、そんなこともあるさね〜!

と、ここまで書いたのが一昨日。今日(もう昨日だけど)、その腕時計を電池交換に出そうとすると…なんと動いていたという不思議。日にちから推測して今日(もう昨日だけど)に日付が変わったくらいから動き出していたみたいで、今も普通に動いているという…謎。(´・_・`)

工場夜景の撮り方 (?!)

OLYMPUS OM-D E-M1, MZD ED 14-150mm F4.0-5.6 / F11, 20秒, ISO 400, 4000K

OLYMPUS OM-D E-M1, MZD ED 14-150mm F4.0-5.6 / F11, 20秒, ISO 400, 4000K

ちょいとレクチャーではないお仕事で、倉敷 (and more)に行ってきました。

そして夜。
倉敷市在住の写真家M氏に無理を言って水島コンビナートの夜景を撮りに連れて行って頂きました。(ありがとうございました!) ちょうど寒波がやって来た日でちょ〜寒かったけれど、これが楽しいのなんの〜(≧∇≦)
来年…じゃなくて再来年(☜)の1月に工場夜景を撮りに行く企画を予定しています。あ、そちらは堺ですけどね。

ところで、今回は夜景撮影が主目的ではなかったこともあり、持っていくのを忘れたんですよ〜、ケーブルレリーズ…OMG!! 仕方がない、セルフタイマー2秒を使って撮るか…と、ちょっと待てよ。

オリンパスの無料Wi-Fiアプリ、OI.Share(OLYMPUS Image Share)Andloid版はコチラ)を使えば、スマホがリモコンになるじゃないか!しかもそれでバルブ撮影やLIVE TIME(露光中に光が伸びて行く様子をモニターで確認しながら撮影できる)なんてことまでできちゃうじゃないか!!(≧∇≦)こ〜れは便利〜♪

ま、撮った画像を確認しながら、となるとやっぱりケーブルレリーズあった方がいいけれどね。でもこれからの長時間露光のひとつの方法として知っておくと絶対お役立ちなことうけあい!

…って、タイトルからしてカメラの設定のハナシだと思われた方、スミマセン!w
(そのあたりは他にたーくさん出てますから…ね。ここでは割愛ということで。)

夜景や、これからシーズンのイルミネーション撮影にもきっとお役立ちのOI.Share。ぜひ使ってみてくださいね。

最後になりましたが、今回の旅のあちこちで色々とお世話になった皆さま、ありがとうございました!

初夏のシドニー

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ, MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ, MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

あれよあれよという間に時間が経っちゃいましたが。

先月末〜今月あたまにかけて、ほぼ8年ぶりかな?シドニーに行ってきました。シドニーは10年前にワーキングホリデーで5ヶ月住んでいた街で、永住権を持って暮らしている友人などまだ知り合いが何人もいて、久々に訪ねて行くことができました。(泊めて頂いたり、会って頂いたり、皆さんありがとうございました!!)

8年ぶりのシドニー。
変わったことと、変わらないことと。
まぁ色々あったけれど、おおらかというか、アバウトというか(w)そんなところは相変わらずで。

シドニーの公共交通機関は電車・バス・フェリーとあるけれど、中でもバスがかなり発達していて今回もよく乗りました。10年前は紙製のチケットだったのが、今ややはりICカードの時代になっており、ほとんどの人がOpalカードというICカードを使っていました。私も友人からOpalカードを借りて持っていたのだけれど、同時に私にとっては馴染み深い、紙製の回数カードも友人から譲り受けて使用していました。そんな車内での出来事。

右が紙製チケットの機械、左がOpalカードの機械(Closedってなってる)前に停まっているのが交代する運転手さんのバス

右が紙製チケットの機械、左がOpalカードの機械(Closedってなってる)、前に停まっているのが交代する運転手さんのバス

私よりも後から乗ってきた人、Opalカードを機械にかざすも反応せず。すると運転手さん、「壊れてるんだよー、いいから乗りな」てなことを。

Σ(゚д゚lll)…マジですか?!

そしてそのバスはどういうシフトになってるのか謎ながら、途中のなんでもないバス停で運転手さんが交代。(バスターミナルとかでもないのに!)その際たまたま前に座っていたわたしに聞こえてきた二人の会話が、
「これ、壊れてるからさー、xxxxx(英語ワカリマセーン)」
「え、そうなの?」
そんな会話(たぶんねw)ののち、そこまで運転してきた運転手さん、降りしなに私たち乗客に向かって大きな声でひとこと。

「Enjoy your FREE ride!」(タダ乗りを楽しんで!)

工工工エエェェ(꒪⌓꒪ )ェェエエ工工工

というか。
回数券をちゃんと機械に通したわたし、FREEじゃないんですけど?w

(いや、正確には友人にもらった回数券だから、タダと言えばタダではあるけれど。笑)自分が支払った云々じゃなくて、そのアバウトさになんというか…ひとりで感心しきり。そもそもICカードを読み取る機械が壊れているにもかかわらず営業運転しちゃうってのが、日本ではまず考えられないわけで。

テキトーだなぁ。。。(*´艸`*)

ちなみに。
運転手さんが代わったその後、なぜかOpalカードも使えるようになってたんだよね…(壊れてなかった疑惑)ww

他にも乗っていたバスの側面、わたしのすぐ横に。バックミラーを見りゃ気づいただろうに、ゆ〜っくり後退してきた車のお尻がぶつかり…(それもまぁ、びっくりだったわけだけれども)でもたいしたことなかったため、ぶつけたクルマの運転手さんの連絡先を聞いただけで、お巡りさんなど来ることなくそのまま出発した、とか。

日本の常識は世界では通用しないね、ホント。
わかっちゃいるけれど、やっぱりこういう、わたしにとっては「珍事件」に出くわすたびに驚いたり笑っちゃったり。些細なことであれば海外旅行の醍醐味とも言えるもの。

Sydney Bus

南半球のシドニーは季節が逆なのでちょうど初夏。
今回の滞在中、1日だけ曇りだったのと、一度だけ雷雨に見舞われたものの、あとはビーチ日和ないいお天気で、街の至るところで紫色のジャカランダの花が咲き誇り、ブルーグリーンの海にきれいな砂浜の広がるビーチは何時間いても飽きることなく…

ジャカランダの花

ジャカランダの花

『それぞれの休日』 Nikon D750, AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

『それぞれの休日』
Nikon D750, AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

また行きたいなぁ。今度はできれば1ヶ月くらいまとまって滞在したいなぁ。なんなら…住みたいなぁ。(笑)