2017年 1月 の記事

ひまわり泥棒

海外ってどの道にもナントカストリートとか名前があって、住所に使われるじゃないですか。シドニーではところどころ、固有名詞はなくて「Public Pathway」って書いてある、誰でも通れる抜け道みたいなのがあります。2週間住んでいたおうちの近くにも幾つかあったんですが、そのうちのひとつ、建物と建物の間に通された細い道に誰か近所の人が植えたのかな、ひまわりが数輪、ちょうど見頃を迎えて咲いていました。ところが、そのうちの2つくらいは、大輪のお花のかわりにこんなものが。

img_5447

私の英語力じゃ最初の「DON’T BE A LOW LIFE THIEF」のLOWがうまく訳せないんですけど、低俗な生命泥棒になるなよ、とかそんな感じ?(誰か教えて〜!)  そのあとの「BE A BETTER PERSON (もうちょいいい人になりなよ)」ってのはちょっとウケてしまった。

ただの張り紙じゃなくって、お花に見立てた紙皿というあたり、なるほどなぁと感心…してる場合じゃないんだけど。

シドニーのバス – 2

のんびりペースの旅ネタですが、ホントはまだまだ書きたいことあるんよ〜。でもやらなあかんこともいっぱいあるんよ〜と言いながらこんなん書いているのは現実逃避って言いますね。まぁいいや。少し前にシドニーのバスについてひとつ書きましたが、そんなアバウトなバスについての後半。

アバウトながら、一応ちゃんと時刻表はあるんです。あるんですよ。

img_5096

メモ代わりに写メした家の前のバス停の時刻表。家の目の前がバス停でとっても便利でしたん♪

ただし。

ご想像の通り、時間通りに来るとは限りません。遅れるのはむしろもう想定内ながら、バス停に行ったら時刻表よりも早く、すでに行ってしまってて、次のバスまで30分待ちぼうけ…!! なんてことも…💧(あったんだよねー実際これが💢)

【Sydney Bus の教訓】バス停には5〜10分前には行くべし。

Volvo製のバスはそもそも日本のバスよりひとまわり大きい(と、思う)のですが、2連結になったバスもよく見かけます。(その他今回初めて観光客向け以外の通常デザインでダブルデッカーのバスも見ました。)

170103003

青と白を基調としたこれまでのデザインに加え、新たなデザインのバスも加わり、このバスのお尻、ライトの並びがかっちょいい♡

161223002

日本では「乗り換え案内」的なアプリはマストアイテムですが、海外にも色々あるんですね。今回使ったもののひとつが「Transit」というアプリ。GPSによる位置情報を利用し、現在地に近いバス停や駅から目的地までの経路を出してくれます。が、これがまた少々アバウトだったりするからうかうか信用できねぇ!(笑) 最終的にはバス停で時刻表見るのが一番確実っていうね…。w 経路にフェリーが出てくるあたりシドニーらしいなぁ…とか、その他選択肢にUberが出てくるところが新鮮なのでした。(このアプリ、日本ではまだ未対応って言われちゃった…日本の交通網、かなり複雑だもんねぇ…)

img_5423

工場夜景撮影会

img_000f52d8c84c-1

OM-D E-M1, Mモード(ライブコンポジット), F6.3, 2″”で34分間の露光, WB:蛍光灯, ISO400

今日はフォトカルチャー倶楽部の写真部で工場夜景撮影会でした。

今日も晴れ女パワーを発揮しちゃったもんでヾ(´ε`*)ゝこの通りのお天気でして、かつ風がなくて暖かくて本当によかったです👍 まだ明るいうちからスタンバイして、夕景からの夜景狙いで。私はここぞとばかりにOM-Dでライブコンポジット撮影を。カメラに仕事してもらってる間に私は皆さんのところをうろちょろ…その間に誰か私の三脚にぶつかったな〜!ヾ( ̄▽ ̄;)コラ!! (笑) 少々動いた形跡アリですが、まぁご愛嬌ってことで!😅

そんなフォトカルチャー倶楽部の写真部、今日が1年間の活動の最終回でした。毎月一度のいわば写真遠足、私自身本当に毎回皆さんと楽しく過ごさせていただきました。ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました、お疲れさまでした!

2017年度の写真部も引き続き活動させていただくのですが、大変ありがたいことにあっという間に定員をはるかに超えるお申し込みをいただいたそうで、ここでお知らせする間もなく…ということでした。いやはやびっくりです😳 本当にありがとうございます。間に合わなかった…!という皆様、申し訳ございません💦 またちょっと形を変えてご一緒させていただけたらと思います。

ということで、引き続きよろしくお願いいたします☆ヾ(・∀・)ノ

 

キャッシュの場合は四捨五入

昨日のBlogの反響が思いの外大きくて大変驚いております、こんばんは💦

ちょっとカタイ内容でしたので、ここいらでちょっと…いえかなり、ゆる〜い旅ネタでもご紹介しようかなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左上から時計回りに2ドル、1ドル、5セント。2ドル硬貨より1ドル硬貨の方が大きいのもなんだか不思議…

現在、オーストラリアドルの硬貨は6種類。2ドル、1ドル、50セント、20セント、10セント、5セント。そう、1セント硬貨はありません。

それなのに。

スーパーなんかに行くと、$3.99 とかフツーに書いてあります。これ、レジに行くと、4ドルですって言われます。もしこれが初めての買い物だったら、どうしてお釣りをもらえないんだろう?と、日本人なら誰もが思うことじゃないでしょうか。逆にもし$8.41 の商品の場合、8ドル40セントとなります。つまり、1の位は四捨五入(Rounding)されちゃうわけ。

写真のレシートも、SubTotal $7.78 が、Roundingで $0.02 が足されちゃって、TOTAL(Inc GST = 消費税10%込)$7.80 になっているのがおわかりいただけるかと。

日本人としては「え。。。ありえないっしょ…( ̄▽ ̄;)」と思うことのひとつ。1セント硬貨を作るか、1の位の値段設定は0か5のどっちかちゃうん?と思いません??どうやら以前は1セント硬貨もあったらしいですが…みんなめんどくさかったのかなぁ?w

また、3.95ドルの買い物で4ドルを出したら5セントのお釣りをくれなかったり(ニュートラルベイのボトルショップのおっちゃんのことだ!笑)。ちょ〜アバウト!

ただし、クレジットカードで支払いすると、$35.87 は、35ドル87セントとなります。

不思議な国だ…

え?日本人がキッチリし過ぎてるだけ…?!?!

 

座学講座と撮影会

small

先日募集が始まりました、4月スタートのPhoto Gardenさんでの写真教室。
ありがたいことにSEEDSⅡの方から一部すでに満席のようです。ありがとうございます!✨しかしやっぱり皆さん、撮影会スタイルがいいみたいですね〜(笑)

でも、ちょっと気になることが。(前々からモヤモヤしていたことなんです〜💧)

これまで色々と写真講座をさせていただいていて思うのですが、時々
「座学って好きじゃない…とにかく撮りたい!」
ということで、撮影会にしかいらっしゃらない方がおられます。

確かに撮影会では様々なことが実践できるわけですが、でもそもそもどうしてそうなるのか、がわかっていないとその場ではいい写真が撮れても、結局本人はなぜ撮れたのかがわからないまま…。多くの方がおられる現場では、残念ながらお一人お一人に「絞りとシャッタースピードの関係はね…」などと一からレクチャーするわけにもいきません。時としては時間の都合上、「はい、こういう設定で撮ってみましょう」さらには講師が皆さんのカメラの設定をして撮っていただく…なんてことも。

これではいつまで経っても上達しません。

やはり、座学と実践、両方大事だと考えています。

今回の募集では、SEEDSⅠが座学中心、SEEDSⅡが撮影中心とはなりますが、SEEDSⅠも実際に試しながらお話を聞いていただくよう考えています。

ぜひ、これからスタートされる方、カメラの操作が正直まだおぼつかない方はまずSEEDSⅠからいらしてください。難しそうなことをわかりやすく伝えることが私の使命(笑)だと思っております( ̄^ ̄)ゞ どうぞ、安心してお越しください☆

あ、ちなみに他の写真教室や撮影会でも同じなんですが。😅

お肉もお野菜も、座学も撮影会もバランスよくってことですね。(ᵕᴗᵕ).。oO ( 我ながらええことゆうたんちゃうん?ww

って、みんなに伝わるといいなぁ〜ヾ(・∀・)ノ

 

22回目の1.17 写真的災害への備え


阪神淡路大震災から22年。

今日の神戸は昨日までほどではないにしてもまだ寒く、雲が多めながらも穏やかな空が広がっていました。

私の家族や直接の友人知人に亡くなった方はなく、うちは「神戸です」と言うのが申し訳ないくらい、そこまでの大被害には遭わなかった(一部損壊でした)ものの、友人の友人や親族が亡くなったり、火事で家が燃えてしまったり。そしてある友人は子供の頃からのアルバムが灰になってしまった、と言ってたのを思い出しました。

写真はデータで溜め込まず、プリントしてアルバムを作ったり、フォトブックにして残しましょう、とはよく聞きますよね。水害の場合、見つかりさえすれば、泥水に浸かったアルバムでも特殊な洗浄でかなりきれいになって手元に戻ってくる可能性もあるようですが、燃えてなくなってしまってはどうにもならない。アルバムやフォトブックは、できれば2冊作って、離れて暮らす親や親戚にも保管してもらう。これもまた災害への備えのひとつだなぁと、穏やかな午後にふと思ったのでした。(´-`).。oO (フォトブックなら注文数を1冊から2冊に変更するだけ。楽ちんですね☆

シドニーのバス – 1

シドニーの公共交通機関は、電車、バス、そしてフェリーの3つがあります。なかでもバスはその路線網が充実していて、電車よりもバスの方が断然利用者も多いんじゃないかな。私もいつも、バスが9、電車が1くらいの割合でバスを利用しています。(もちろん、住んでいる場所や活動地域にもよるけれど。)

運転手さんがサンタ帽をかぶってたりと、なかなかにゆる〜い感じのシドニーバス。そういや大晦日の前日、12/30にこんなデコレーションバスに遭遇したんだったわ…(走行中のバスから撮影)

fullsizerender-2

Chatswood駅そばにて

 

他にも日本じゃ考えられないことがチラホラ。中でも時々なぜか無料になってるバスに出くわしたり、営業運転中の途中のバス停で運転手さんがシフト交代したりするのは昨年書きましたので、よろしければそちらをご参照ください。

今年も一度、乗ってすぐにOPALカード(ICカード)をピッてしようとしたらcloseになっててタダだった、ということが。何故なのかは不明のままだけど…ラッキー!!

途中のバス停でシフト交代、ってのはしょっちゅうあり、おそらくみんな家の近所とかで交代してそのまま帰宅してるのかなぁ?

そして、ある時。快調に走っていたバスが突然クラクションを鳴らしたのが、プップププップ、プップ〜! って。(笑) そのとき窓の外には脇の歩道を必死で走る若い男性の姿が。つまり、バスの運転手さんはクラクションで「ほれ、バス来たよ〜!」と知らせてたんですね。結局バスはそのすぐ先のバス停で彼を待って発車しました。もしかしたら本数の多くない地域・路線(L90)だったからなのかもしれないけれど、優しいよね。(ˇ◡ˇღ)

170114004

バス停のベンチにニモがいた。そういやニモはシドニーの歯医者さんから大海原へ逃げ出したんだったっけ。Narrabeenにて