2014年 8月 の記事

水族館&シルエットフォト撮影会

先週金曜日、須磨海浜水族園にて工房 絲(su-)さん主催の
水族館&シルエットフォト撮影会でした。

(写真はすべて OLYMPUS PEN E-P5, MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

須磨海浜水族園

 

須磨海浜水族園

途中、ペンギンの餌やりまでしちゃう体験型WS。(すーさん、さすが!)

ペンギンの餌やり体験

親子でご参加頂いた方もおられ、お子さんにも楽しんで頂けたかな。

水族館後の浜辺でシルエット撮影は残念ながら夕焼けにならなかったけれど、
虹のサプライズに、暗い雲の下、明石海峡大橋のあたりだけピンクに染まる
不思議な空が見れたりと思いのほかいろんな撮影を楽しめました。

須磨海岸

須磨海岸

でもそもそも…夕方の雨予報、見事雨がどっか行っちゃったのすごい!
夕焼けシルエットはリベンジしなきゃね!!

ご参加頂いた16名の皆さん(しかも三重県や京都など遠方からだったり、
お仕事帰りや有給取って下さってたり!)、
そして工房絲(su-)さん、ありがとうございました!

須磨海岸

「あたりまえ」のありがたさ

by iPhone 4s

by iPhone 4s

今日未明の大雨で、広島では多くの方が亡くなる大災害が起きました。
もう何十年も会ってはいないけれど、
小/中学校の同級生の自宅が被害のあった地域のすぐそばと聞いたり、
先日のWSで大変お世話になった会社の本社が被災したり。
今年はじめの、カメラのキタムラさんとオリンパスとのコラボイベントも
広島でしたし、その他色々含め、皆さん、無事でしょうか。

謹んでお見舞い申し上げます。

昨日まで当たり前にできていたことができない。
昨日まであった家がない。
昨日までいた人が、いない。

失って初めて気付く「当たり前のこと」の有り難さだったり、幸せだったり。

随分とスケールが小さい私事になりますが。

先日、愛用のMacが突然壊れました。
目の前で、文字通り”プシュン!”と音を立ててクラッシュ、
その後自力で立ち上がることができなくなりました。

当たり前にできていたメールができない。ネットが見れない。
ファイルが使えない。当然、写真も見れないし触れない。
(まぁメールなどはiPhoneでなんとかなるわけですが。)

うわぁ、やんなきゃいけないことができない。困ったー!

日々の生活の中で、当たり前過ぎて忘れちゃってること、
あるなぁ…と改めて思ったのでした。

あ、Macは新しいのん買いました。予定外の出費は痛いけれども、
データ類はすべて無事だったのが不幸中の幸いでした。
新旧のHDを切り替えながら、データを移したりソフトを入れ直したり…
以前の「当たり前の状況」=「日常」に戻れるよう作業中です。

そう、日常って当たり前のようでとても有り難いこと。
忘れないようにしないとね。
そんなことを思った今日の大阪の空には彩雲が出ていました。

搬入合間のステキな時間 – その2(と、おまけ)

【ステキ時間その2】− 高松のステキ本屋さんに行く
(写真はすべてOLYMPUS PEN E-P5MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

1隻目の『こんぴら2』を仕上げてから、2隻目の『りつりん2』の
出航時間まで、待ち時間が2時間ほど。
ランチタイムがてら連れて行って頂きたい場所がありました。

高松にあるステキな本屋さん、『BOOK MARUTE』(FBページ)

オーナーのOさんはT嬢の元同僚で、なんと東京から高松に移り住んで
開いたブックカフェがBOOK MARUTE。ずっと行きたかった場所だったんです。

高松港の近く、古い倉庫をリノベーションした、
おしゃれなお店などが集まる一角にそのお店はありました。

建物の2Fにあります

建物の2Fにあります

写真集やアート系の新/古書の詰まったステキ空間

写真集やアート系の新/古書の詰まったステキ空間

Oさんと会うのはもう何年ぶりだろう?
すてきなお店で元気な姿を見ることができてとっても嬉しかったです。
店頭に並んでいる本の中に、大好きな Joel Meyerowitz の写真集があって
嬉しくなっていると、実はOさんも彼の写真のファンなのだとか。

奥にはカフェスペースがあり、夏場は特大のかき氷も楽しめます。
シロップが、すももやぶどうなど、ちょっと他では見かけない味でオススメ☆

海からの心地よい風も

海からの心地よい風も

のんびりしていたら2時間なんてあっという間!
ぜひ、また近い将来ゆっくり行きたいです。
皆さんも、高松に行く機会があればぜひ立ち寄ってみてください。

【ステキ時間おまけ】− 小豆島に上陸する(5分だけだけど!)

往路の『こんぴら2』が小豆島に立ち寄った際に、
時間ないけどせっかく来たんだものー!と、船を降りてみました。
でも本当にすぐに出航だったので、島で撮った写真はこの2枚。笑

坂手港

小豆島に来たんだもん!の1枚。(笑) 坂手港

ボンネットバス!!乗りたかった〜!

ボンネットバス!!乗りたかった〜!

慌てて船に戻り、島を後にしたのでした。。。
今度はゆっくり行きたいぞー!!

小豆島カメラ関係者の皆さん、小豆島ジャンボフェリーの皆さん、
BOOK MARUTE のOさん、ありがとうございました!!

(おしまい)

搬入合間のステキな時間 – その1

のろのろ台風11号、神戸は小康状態ですが特別警報の出ている
地域もあり被害が心配です。皆さんどうかお気をつけて。

さて、もうかれこれ2週間も前になっちゃいましたが。

小豆島ジャンボフェリーでの、小豆島カメラの写真展搬入
ほぼ丸1日船の上で作業をしていたわけですが
合間にとってもすてきな時間があったのです。

【ステキ時間その1】− 明石海峡大橋を操舵室で通過する
(写真はすべてOLYMPUS PEN E-P5, MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

嘘みたいなホントの話。

今回の写真展では、小豆島ジャンボフェリーで働く皆さんを、
小豆島カメラメンバーが撮影した写真も展示されています。
そしてこの日乗った「こんぴら2」の船長さんの写真を
T嬢が撮影することになっていたということで、
搬入作業の途中、T嬢はなーんとスタスタと操舵室へ。
コバンザメよろしく、くっついて行くワタシ。笑
狭い階段をのぼってのぼって、恐る恐る「お邪魔しま〜す」と
入って行くと。

正面にどーん!と広がる海。そして船は折しも明石海峡大橋を
通過しようとしてるじゃないですか。なんというタイミングでしょう。

操舵室にて明石海峡大橋を通過

船長、双眼鏡を手に明石海峡大橋を通過

船長さん、一番先頭で双眼鏡を覗きながら時折後ろの船員さんに
指示を出しておられます。…何言ってるのか、ワタシにはさっぱりでしたが
後ろの船員さん(の手元に舵がある)、復唱して舵を取ります。

舵を取るのは左のお兄さん

舵を取るのは左のお兄さん。一番奥にはすっかり船員さんみたいなT嬢。(笑)

舵を回す船員さん

舵を回す船員さん

海の男、なかなかにシャイです。笑
それでも船長さんはレーダーの見方を丁寧に教えて下さいました。
目視できない距離も含めると近隣にいる船の多さにびっくり。
狭い明石海峡を行き交う船同士が安全に航行できるよう、
レーダーは必須アイテムなんですね。

大変貴重な体験をさせて頂きました。
小豆島ジャンボフェリー「こんぴら2」の船長さん、船員さん、
ありがとうございました!!

尚、小豆島カメラメンバーが撮影した、船で働く皆さん(陸上業務の方も含む)の作品、
どれも本当にすてきでかっこいいんです。ぜひ、ご覧頂きたいです。

【ステキ時間その2】− 高松のステキ本屋さんに行く

は、また次回に。つづく。

 

 

もうひとつ、船の上での写真展!!

ええ、これまた私の写真展ではございませんが。

先日、とある写真展の搬入のお手伝いに行って参りました。
それがなんと、船の上!!

小豆島に暮らす7人の女性たちとオリンパス
写真雑誌「PHaT PHOTO」を出版するCMS(株式会社シー・エム・エス)、
写真家のMOTOKOさんが一緒になって進めている地方×カメラプロジェクト、
小豆島カメラ。その彼女たちの作品が現在、神戸と小豆島、高松を結んでいる
小豆島ジャンボフェリー内で9/15まで展示されています。

7/27(日)、朝8時神戸港発のフェリーに、写真雑誌「PHaT PHOTO」の
T嬢と一緒に乗り込み…

1艘目。こんぴらⅡ

1隻目。こんぴら2

乗り込むや否や、作業開始。

搬入するのは船内入ってすぐの壁面ずどーん!と、
3階客室入口壁面。結構広いです。
それを今日1日で2隻仕上げるのです。大丈夫かなー。

ふと外を見ると。

須磨〜垂水らへん?

須磨〜垂水あたり?

いいねぇ、夏休みだねぇ〜。

そんな彼らを横目に。
まずは3時間ほどで着く小豆島までに、1Fと3Fそれぞれの壁面に
展示の目印をつけて下準備を終えます。

作業をしながらもひっきりなしにメンバーとメッセンジャーアプリで
やりとりをして、指示を出しているT嬢。頼もしいです。

高さを測るT嬢

高さを測るT嬢

その後、小豆島から作品を携えて乗り込んできたのが今回の
小豆島カメラのメンバー、Mさん、Oさん、そしてMさんの娘さんIちゃん。

作品展示スタート!

作品展示スタート!

 

ここから高松までの1時間と到着後の約1時間で
仕上げなくてはなりません。
さぁ、どんどんいくよーっ!!

まっすぐなってる?!

まっすぐなってる?!

真剣なOさん。

真剣なOさん。

地域を示す色のシールを貼るOさん。

地域を示す色のシールを貼るOさん。

3F完成!

3Fも完成!

すてきなガーランドも、メンバー皆さんの手作りなんですって。
今日の搬入ギリギリまで様々な準備をされていたとか。

「こんぴらⅡ」完成〜!

「こんぴらⅡ」完成〜!

ここ高松で2時間ほどお昼休憩ののち、今度は16時半に
高松を出発、同じく小豆島経由で神戸に向かう「りつりん2」の
船内の搬入です。これが高松から小豆島までのわずか1時間ほどで
仕上げなくてはならない…大丈夫かいな!

と、りつりん2に乗り込むところで更にもう一人の小豆島カメラメンバー
Mさん合流。実はMさんは午前中に旦那様と一緒にりつりん2内で
展示の下準備をして下さっていたのです。

そこでここからはオトナ5人に子ども1人、パワー全開での展示作業。

やればできるんです!

なんとか、小豆島到着に間に合いました。
みんな嬉しそう〜!

「りつりんⅡ」にて。完成〜!!

「りつりんⅡ」にて。完成〜!!

ところでなぜ小豆島までに仕上げなければならなかったかって?

それは私以外の皆さん全員、小豆島で下船されるからです。
ええ、東京在住のT嬢さえも!笑

実は同時に小豆島内でも展示があり、まだその作業があったんですね。
皆さん、お疲れさまです!(そちらの様子はコチラへ…)

皆さんと別れ、ひとりそのまま神戸に向かうわたし…
なんでしょうね、1日みんなとワイワイ過ごしたあとのあの淋しさといったら。

バイバイ小豆島

バイバイ小豆島

きれいな夕暮れの空に見送られ、小豆島を後に。
結局、島への上陸時間は往路のたった5分だけ!笑
今度はぜひ、カメラを持ってゆっくり来たいな。

そうそう、みんなでがんばって展示した作品は、
さっそく皆さんご覧になっていましたよ。

早速展示をご覧になる乗船客

展示に見入る乗船客

朝8時に出発した神戸港へ帰港したのは
潮の影響により、定刻より少し遅れての21時15分。
かれこれ10時間も船の上で、しかも写真展の搬入をしながら過ごした1日。
滅多に体験できない、よい機会を頂きました。

ただいま、神戸!

ただいま、神戸!

展示は小豆島ジャンボフェリー「こんぴら2」「りつりん2」の船内にて
9月15日(月・祝)まで行われています。

またこの写真展はいくつかの会場でいくつかの日程で開催されます。
詳細等については、ぜひ小豆島カメラのこちらのBlogをご覧ください。
(ちゃんと働いてるワタシの姿もチラリと載せて頂いております。笑)
ぜひ、どこかで皆さんの目に触れたらいいなぁと思います。

次回はそんな1日の合間の、なんともすてきなひとときをご紹介☆
つづく

奈良でミニ写真展やってます

といっても、私の写真じゃございません。
先日のウェディング撮影会に参加してくださった皆さんの作品を、
奈良・もちいどの商店街にある
PHOTO GARDENさんの店頭にて展示して頂いています。

PHOTO GARDEN

先日、私も拝見しましたが、どれも本当にすてきな作品ばかり!

写真展は8/18(月)まで、木曜日が定休日です。
PHOTO GARDENさんには工房 絲(su-)さん
すてきカメラストラップやバッグをはじめ、
たくさんのカメラ・写真にまつわるグッズが揃っています。
ぜひ、期間中に足を運んでみてください!

そして奈良には色々と面白くておいしいものがいっぱい…

超どでかい大仏プリンとかー。

冷蔵庫内でのこの存在感!w

冷蔵庫内でのこの存在感!w

大仏あめとかー。

このパッケージで中の飴ちゃん、なんでこんなにかわいいの!笑

このパッケージで、中の飴ちゃんなんでこんなにかわいいの!笑

奈良を訪れたらぜひ色々探してみてくださいね☆