タグ : シドニー

写真展のお知らせ(奈良)

うっかりすっかり、スタートらいしゅう!
(なんとなく、語呂と字面からひらがなにしましたが、来週の意。)

いつもいつも本当にお世話になっております、奈良のおされカメラ雑貨屋さん Photo Garden さんにて、プチ個展をさせていただくことになりました。

DM表裏 (2)

クキモトノリコ写真展「シドニーで朝食を〜Breakfast in Sydney〜」
会期:2018年1月19日(金)〜2月6日(火) ※水曜定休
時間:10:00〜18:00(最終日は17時まで)
場所:Photo Garden 店内 (近鉄奈良駅より徒歩1分!)

1年前、2016〜17年の年末年始に訪れた、もう私の第2の故郷、心のふるさとと言ってもいい街、オーストラリアのシドニー。約10年前にワーキングホリデーで半年ほど住んだ街で、今回もホテルではなく民泊を利用して「暮らす」感覚で滞在し、撮影した作品14点を展示します。街じゅうに緑があふれ、街全体がまるで大きな公園のようなこの街では、日本よりものんびり緩やかな時間が流れているような気にさえなります。そんなシドニーにまた滞在したくなる、つまりシドニーで朝ごはんを食べたくなる気持ちを、観てくださった方と共有できたら嬉しいです。

…え?どっかで聞いたことあるようなタイトルだって?前回の個展では香港映画モチーフでしたが、今回はアメリカ映画から…ってこれオーストラリアだけどっ。まぁええやないですか…。^^ 少なくとも、滞在中の朝ごはん記録の写真展…ではございません。笑

よろしくお願いいたします。

広告

シドニーのバス – 2

のんびりペースの旅ネタですが、ホントはまだまだ書きたいことあるんよ〜。でもやらなあかんこともいっぱいあるんよ〜と言いながらこんなん書いているのは現実逃避って言いますね。まぁいいや。少し前にシドニーのバスについてひとつ書きましたが、そんなアバウトなバスについての後半。

アバウトながら、一応ちゃんと時刻表はあるんです。あるんですよ。

img_5096

メモ代わりに写メした家の前のバス停の時刻表。家の目の前がバス停でとっても便利でしたん♪

ただし。

ご想像の通り、時間通りに来るとは限りません。遅れるのはむしろもう想定内ながら、バス停に行ったら時刻表よりも早く、すでに行ってしまってて、次のバスまで30分待ちぼうけ…!! なんてことも…💧(あったんだよねー実際これが💢)

【Sydney Bus の教訓】バス停には5〜10分前には行くべし。

Volvo製のバスはそもそも日本のバスよりひとまわり大きい(と、思う)のですが、2連結になったバスもよく見かけます。(その他今回初めて観光客向け以外の通常デザインでダブルデッカーのバスも見ました。)

170103003

青と白を基調としたこれまでのデザインに加え、新たなデザインのバスも加わり、このバスのお尻、ライトの並びがかっちょいい♡

161223002

日本では「乗り換え案内」的なアプリはマストアイテムですが、海外にも色々あるんですね。今回使ったもののひとつが「Transit」というアプリ。GPSによる位置情報を利用し、現在地に近いバス停や駅から目的地までの経路を出してくれます。が、これがまた少々アバウトだったりするからうかうか信用できねぇ!(笑) 最終的にはバス停で時刻表見るのが一番確実っていうね…。w 経路にフェリーが出てくるあたりシドニーらしいなぁ…とか、その他選択肢にUberが出てくるところが新鮮なのでした。(このアプリ、日本ではまだ未対応って言われちゃった…日本の交通網、かなり複雑だもんねぇ…)

img_5423

シドニーのバス – 1

シドニーの公共交通機関は、電車、バス、そしてフェリーの3つがあります。なかでもバスはその路線網が充実していて、電車よりもバスの方が断然利用者も多いんじゃないかな。私もいつも、バスが9、電車が1くらいの割合でバスを利用しています。(もちろん、住んでいる場所や活動地域にもよるけれど。)

運転手さんがサンタ帽をかぶってたりと、なかなかにゆる〜い感じのシドニーバス。そういや大晦日の前日、12/30にこんなデコレーションバスに遭遇したんだったわ…(走行中のバスから撮影)

fullsizerender-2

Chatswood駅そばにて

 

他にも日本じゃ考えられないことがチラホラ。中でも時々なぜか無料になってるバスに出くわしたり、営業運転中の途中のバス停で運転手さんがシフト交代したりするのは昨年書きましたので、よろしければそちらをご参照ください。

今年も一度、乗ってすぐにOPALカード(ICカード)をピッてしようとしたらcloseになっててタダだった、ということが。何故なのかは不明のままだけど…ラッキー!!

途中のバス停でシフト交代、ってのはしょっちゅうあり、おそらくみんな家の近所とかで交代してそのまま帰宅してるのかなぁ?

そして、ある時。快調に走っていたバスが突然クラクションを鳴らしたのが、プップププップ、プップ〜! って。(笑) そのとき窓の外には脇の歩道を必死で走る若い男性の姿が。つまり、バスの運転手さんはクラクションで「ほれ、バス来たよ〜!」と知らせてたんですね。結局バスはそのすぐ先のバス停で彼を待って発車しました。もしかしたら本数の多くない地域・路線(L90)だったからなのかもしれないけれど、優しいよね。(ˇ◡ˇღ)

170114004

バス停のベンチにニモがいた。そういやニモはシドニーの歯医者さんから大海原へ逃げ出したんだったっけ。Narrabeenにて

2017年もよろしくお願いいたします

2017_s

At the first, thank you very much for Micha and Sofia, and all my friends, people that I’ve seen in Sydney. まりえちゃん、りゅういちくん、あやさん、由美子さん、Ponkhee & ソイ、よっしーご夫妻、そして九州レストランの皆さん、ありがとうございました!

新しい年を迎えてもう10日になろうとしていますが…💧うっかりすっかり遅くなりましたが、もうおめでとうございますとは言わないのですよね?💦

そんなこんなで、南半球、オーストラリアはシドニーでクリスマスとお正月を過ごし、今朝無事に帰国&帰宅いたしました。3週間、長いはずがあっという間…😢

年越しはシドニーの花火を見て過ごしました。これ、すごいんです。あっちでもこっちでもさらにそっちでもドッカンドッカン上がって日本じゃちょっと考えられないくらいのど迫力。写真右手はハーバーブリッジですが、この通り橋が焼け落ちるんじゃないかっていうくらいで、日本じゃきっと消防法的にアカンのちゃうん〜?と思うんですが。。。😅(そして更にすごいのが、この状態でも橋の上を電車が走ってたりするっていうね…ありえなくないっすか?笑)この花火のために、ワタクシ、大晦日の朝の8時前から年越しまでなんと16時間場所取りしたとか、今となってはいい思い出です…(ようがんばった!! 笑)

真夏のお正月は同じシドニーで2回目だったのですが、真夏のクリスマスは初めてでした。そして今回はホテル滞在ではなく、友人のおうちに数泊させてもらったのと、あと初めてAirbnb(民泊)を利用し、ドイツ人とコロンビア人カップルのお家に2週間滞在していました。滞在中のあれやこれやのエピソードは追ってUPしていきたいと思います。☜ 自分にプレッシャー(笑)

さて明日から始動です。
どうか皆さま、2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

初夏のシドニー

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ, MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ, MZD ED 12-40mm F2.8 PRO

あれよあれよという間に時間が経っちゃいましたが。

先月末〜今月あたまにかけて、ほぼ8年ぶりかな?シドニーに行ってきました。シドニーは10年前にワーキングホリデーで5ヶ月住んでいた街で、永住権を持って暮らしている友人などまだ知り合いが何人もいて、久々に訪ねて行くことができました。(泊めて頂いたり、会って頂いたり、皆さんありがとうございました!!)

8年ぶりのシドニー。
変わったことと、変わらないことと。
まぁ色々あったけれど、おおらかというか、アバウトというか(w)そんなところは相変わらずで。

シドニーの公共交通機関は電車・バス・フェリーとあるけれど、中でもバスがかなり発達していて今回もよく乗りました。10年前は紙製のチケットだったのが、今ややはりICカードの時代になっており、ほとんどの人がOpalカードというICカードを使っていました。私も友人からOpalカードを借りて持っていたのだけれど、同時に私にとっては馴染み深い、紙製の回数カードも友人から譲り受けて使用していました。そんな車内での出来事。

右が紙製チケットの機械、左がOpalカードの機械(Closedってなってる)前に停まっているのが交代する運転手さんのバス

右が紙製チケットの機械、左がOpalカードの機械(Closedってなってる)、前に停まっているのが交代する運転手さんのバス

私よりも後から乗ってきた人、Opalカードを機械にかざすも反応せず。すると運転手さん、「壊れてるんだよー、いいから乗りな」てなことを。

Σ(゚д゚lll)…マジですか?!

そしてそのバスはどういうシフトになってるのか謎ながら、途中のなんでもないバス停で運転手さんが交代。(バスターミナルとかでもないのに!)その際たまたま前に座っていたわたしに聞こえてきた二人の会話が、
「これ、壊れてるからさー、xxxxx(英語ワカリマセーン)」
「え、そうなの?」
そんな会話(たぶんねw)ののち、そこまで運転してきた運転手さん、降りしなに私たち乗客に向かって大きな声でひとこと。

「Enjoy your FREE ride!」(タダ乗りを楽しんで!)

工工工エエェェ(꒪⌓꒪ )ェェエエ工工工

というか。
回数券をちゃんと機械に通したわたし、FREEじゃないんですけど?w

(いや、正確には友人にもらった回数券だから、タダと言えばタダではあるけれど。笑)自分が支払った云々じゃなくて、そのアバウトさになんというか…ひとりで感心しきり。そもそもICカードを読み取る機械が壊れているにもかかわらず営業運転しちゃうってのが、日本ではまず考えられないわけで。

テキトーだなぁ。。。(*´艸`*)

ちなみに。
運転手さんが代わったその後、なぜかOpalカードも使えるようになってたんだよね…(壊れてなかった疑惑)ww

他にも乗っていたバスの側面、わたしのすぐ横に。バックミラーを見りゃ気づいただろうに、ゆ〜っくり後退してきた車のお尻がぶつかり…(それもまぁ、びっくりだったわけだけれども)でもたいしたことなかったため、ぶつけたクルマの運転手さんの連絡先を聞いただけで、お巡りさんなど来ることなくそのまま出発した、とか。

日本の常識は世界では通用しないね、ホント。
わかっちゃいるけれど、やっぱりこういう、わたしにとっては「珍事件」に出くわすたびに驚いたり笑っちゃったり。些細なことであれば海外旅行の醍醐味とも言えるもの。

Sydney Bus

南半球のシドニーは季節が逆なのでちょうど初夏。
今回の滞在中、1日だけ曇りだったのと、一度だけ雷雨に見舞われたものの、あとはビーチ日和ないいお天気で、街の至るところで紫色のジャカランダの花が咲き誇り、ブルーグリーンの海にきれいな砂浜の広がるビーチは何時間いても飽きることなく…

ジャカランダの花

ジャカランダの花

『それぞれの休日』 Nikon D750, AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

『それぞれの休日』
Nikon D750, AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

また行きたいなぁ。今度はできれば1ヶ月くらいまとまって滞在したいなぁ。なんなら…住みたいなぁ。(笑)

 

 

広告