タグ : コスモス

待ってろ曽爾高原!

まず最初に。ワタクシですね、撮影会で雨に当たる確率かなり低いんですよ。だいたい晴れるか雨だと思っても撮影時にはやむことしばしば。(時々大雪とかなくもないですけどね…今年2月の明治村💧)

今日(もう昨日だけど、10月20日)はクラブツーリズムさんの「秋空に映える般若寺のコスモスと黄金色に輝くススキの大海原と夕景」というすっごく素敵なタイトルのツアーでした♪

まず、1箇所目。

「秋空に映える般若寺のコスモス」…はコチラ。

IMG_D87CF378E984-1

…小さく見える傘は日傘だと思いたい。(꒪⌓꒪)
天高く空が…白いのはちょっと画像処理で空の色を間違えちゃってぇ〜ヾ(´ε`*)ゝと言いたい。(いや、それは言いたくない。)

そして2箇所目。

「黄金色に輝くススキの大海原と夕景」

「黄金色に輝くススキの大うなば…

IMG_58A13171796E-1

チーン。。。(꒪⌓꒪)

そういや曽爾高原は今日が2度目。1度目は…今、写真を探しててびっくり。

なんと2013年10月20日…ぴったり4年前じゃないの!その時の写真がコチラ。

IMG_DE1949CE8EF5-1

ええ、4年前、2013年10月20日です。今日、2017年10月20日じゃないよ。(꒪⌓꒪)

もうね、曽爾高原って本当は常に霧に包まれてて、霧の向こうは実はパラレルワールドになってるんだと思う。(꒪⌓꒪)(いや、たぶんなってない)

もう一度言います。ふだん私、晴れ女なんです。(みんな知ってるよね?…ね??)

先週土曜日の和歌山・友ヶ島での撮影会はちょっと降られたものの、概ね曇りの最後は晴れ間も見えたくらいだったし。(300mm相当のレンズで撮ったら大阪湾越しに淡路島の端っこの明石海峡大橋まで見えたんだよ!※写真はさらにトリミング✂︎してますが)

IMG_BDEF162D94CA-1

どうも曽爾高原にはまだ呼ばれてないらしい…😢
今度機会があれば三度目の正直、絶対に青い服を着て黄金色に輝く大海原の上を歩いてナウシカになってやるんだからねっ!!💨(いやそれムリだから)

何はともあれ、ご参加の皆さまお疲れさまでした。ありがとうございました!!

 

広告

読売旅行写真同好会バスツアー in 岐阜

毎月1回、どこかへ撮影旅行に出かける読売旅行写真同好会。
さくら阪神営業所さんのツアーに講師として乗せて頂きました。

今回乗せて頂いたのは三田〜宝塚〜川西出発の1号車。
(他にもう1台、尼崎〜西宮出発の2号車も。)
1号車の添乗員さんはいつも優しくしっかり者のAyaさん。
彼女の持つ添乗員さんの目印の旗…あれなんて言うんでしたっけ。
彼女の旗にはとってもわかりやすい目印がついてます。

くまもん旗

なにこのくまモン、腹巻きしてるわ、ヒゲまであるわ。
バカボンのお父さんですか?みたいな。ちょーかわいい。笑
このくまモンについて行けば大丈夫。

で、行き先は、岐阜。
岐阜羽島に1万2千本のコスモスを誇る市之枝というところがあるんですね。
心配された先の台風の被害もそれほどではなく、
真っ青な空の下、存分に撮影を楽しみました。

岐阜羽島 市之枝のコスモス畑

 

岐阜羽島 市之枝のコスモス畑

 

ここ市之枝は来週末、フラワーフェスタ2014が開かれるそうですよ。

お昼ごはんをはさんで向かったのは大垣。
あの松尾芭蕉は「奥の細道」の旅をこの大垣で終えたんですね。
その奥の細道のむすびの地をスナップ散策。

奥の細道むすびの地 住吉神社

奥の細道むすびの地 住吉神社

大垣

本当にいいお天気で気候もよい1日、撮影を楽しみました。

ツアー参加者の皆さん、Ayaさん、読売旅行さん、ありがとうございました!!

あ。

松尾芭蕉が「蛤のふたみに別行秋そ」と詠んだことから(?)
蛤に願い事(?)を書いて鳥居のそばに結ぶと「ご縁が結ばれる」、らしいのに。
願い事書くの忘れた…

むすびの聖地