カテゴリー : 日常

最近のマイブーム – カンタン味玉

IMG_5718
実はわたし、ゆで卵って白身の味が苦手であまり好きではないのだけれど…最近、友人に教えてもらった味卵にハマってます。これがおいしいの!作り方も、市販のアレを使うととても簡単&楽チン。

ゆで卵は固ゆでもいいけれど、やっぱり半熟卵がいいよね。でもいい塩梅の半熟卵って難しそう〜。

じゃあそこはクックパッドに聞きましょうよ。(以下半熟卵の作り方はクックパッドのレシピから。)

ぐらぐらに煮えたぎったお湯に、冷蔵庫でキンキンに冷えた(ここポイントらしい)卵を入れて6分。6分経ったら火を止めてそのまま3分。3分後、冷水で冷ましながら殻を剥いて半熟卵の出来上がり。iPhoneのタイマーを使えば時間管理もなんのその。ただ今回は卵が小ぶりだったからか、トロトロ半熟、とはいかなかったものの、黄身の色的にはいい感じ〜。

卵ができたらジップロックに入れて、ここにアレを投入。

アレとは。

ズバリ、浅漬けの素であります。友人曰く、浅漬けの素は「エ⚫︎ラの昆布だし味」が一番美味しく出来上がるらしい。ので、私もそれを。(私は他を試したことありませんけども。)ひたひたになるまで注いだら冷蔵庫へイン、以上。かんた〜ん。今回はそこへさらに昆布を1cm程に切って入れてみたら、ぐっとまろやかに出来た気がする〜。

漬けておく時間は卵の大きさにもよると思うけれど、半日強くらい?今回は17時間くらいで食べてみたらいい感じでした。漬け過ぎると「こりゃ塩分摂り過ぎやろ〜」って味になるのでご注意を。

以上、お料理は特に好きなわけでも得意でもなんでもないクッキーのクッキングコーナーでした。おしまい。

手作り石鹸にチャレンジ

ボディーソープよりも石鹸。洗顔料じゃなくて石鹸。何かと石鹸を愛用しています。

そんなわけで、添加物の入っていない、手作り石鹸を一度作ってみたかったのですが、なかなか機会に恵まれず…この度、やっと、やっと手作り石鹸のワークショップに参加することができました。わーい!

先生は、私の写真ワークショップにちょこちょこ親子で参加してくださる”花歌ママ”さん。場所は大阪・弁天町の「わきさか歯科・矯正歯科」さん。わきさかさん、そして今回ご一緒した方のうちのおひとりは以前私がお世話になった写真教室にいらっしゃっていた方で…ご縁のある方とはどこかでまた繋がるものなんですね〜!

今回は「三色模様の北欧クリスマス石けん」というテーマで作ってみました。原材料は、オリーブオイル、スイートアーモンドオイル、ココナッツオイル、そしてパーム油。これは先生が一人分ずつ分量を量って準備してくださっていました。

手作り石けんWS

まずはIHヒーターで温めてオイルを溶かします。

手作り石けんWS

42度くらいになったら、そこに苛性ソーダ水を注ぎ入れます。

手作り石けんWS

苛性ソーダは直接手で触れると化学火傷を起こしてしまう劇物。また刺激臭もあるのでゴム手袋&マスクでしっかり防護。苛性ソーダを入れたら泡だて器で泡立たないように(笑・はねると危ないからね)ぐるぐる混ぜて、鹸化(石けん状に固まっていくこと)を進ませます。

手作り石けんWS

鹸化が進むと乳白色のとろ~りとした液体に変わり、まるでカスタードクリームのよう…美味しそうなんですこれが!さらにここに好きなアロマオイルで香りづけ。私は持参したアロマオイル、アンバーハニーという名のあま~い香りに、レモングラスのさっぱりした香りを混ぜてみました。香りもつくとますます美味しそう~。でも素手で触っちゃいけない危険物…なんだか悩ましい。さらに今回は冬場に使う石けん、やっぱり保湿が大事よね~ってことでハチミツを投入。ますますおいしそう~。それにしても石鹸ってほぼ油からできてるんだ〜と実感。

手作り石けんWS 手作り石けんWS

マヨネーズくらいの固さになったら、色付けをします。

手作り石けんWS 手作り石けんWS 手作り石けんWS

…やっぱりカスタードクリームの黄色が一番おいしそうよね。

さていよいよ型に流し込みます。まずカスタードクリーム(違)を流し混んだら次に緑、それからもう一度カスタードクリーム、そしてピンク。…分量とタイミングがなかなか難しゅうございます。

手作り石けんWS 手作り石けんWS

流し込み終えたら割り箸で模様を描きます。くーっ、センスと技が問われるところ!ま、センスに関しては今回は先生のアドバイスに従っていい感じにできました◎

手作り石けんWS 手作り石けんWS

一緒に参加した皆さん、それぞれに先生の手も借りながら個性あふれる石けんを作っておられましたー。

手作り石けんWS 手作り石けんWS

型入れした石鹸はこれで完成!!

…ではなく。ここから一気に冷やして固める…のでもなく、逆に急に冷めてしまわないよう保温のためにバスタオルにくるみ、カイロを当てて…って、この日は今年1番とも言われた、大阪にも雪の舞う寒波がやって来た日!冷やさないようにって至難の業〜!なんとか自宅に連れて帰り、約1ヶ月間熟成させます。熟成させるまでは素手で触っちゃダメなんですってー!

というわけで、只今我が家で熟成中〜。ときどき鼻を近づけては「う〜ん、いいニオイ♪」とうっとりしながら出来上がりを楽しみに。← 今ココ。

意外とシンプルで簡単ながらも、じゃあ家で自分で作る?って聞かれたら…ゴメンナサイ。これはみんなでやるからがんばれるんだな。(笑) そんなダメダメな私はまた機会があればぜひワークショップでいろんな石鹸を作ってみたいです。花歌ママさん、わきさかさん、一緒に参加された皆さん、ありがとうございました!!

師走紅葉

冬将軍到来、日本列島大荒れの大寒波だとか、爆弾低気圧だとかで、めちゃくちゃ寒くて新幹線も遅れる大雪だったりもするみたいですが。そしてルミナリエも終わってそろそろ世間はクリスマス。いやいや年賀状はよ出さなー!という師走も半ば過ぎなんですけども。うちの最寄りの紅葉はなぜか今頃真っ盛りです。w ま、正確には一番のピークは数日前で、ここ2,3日の強風に耐えられない葉っぱ続出ですけれども。

今年の秋は紅葉を撮り逃がしていたこともあって、寒さに凍えながらご近所紅葉を少し撮ってみた師走の朝。あまりの寒さに帰ってお風呂に入ったよね。

六甲山の南側には雪の気配はほとんど…というか、まったくと言っていいほどないけれど、大雪の影響が出ている各地の皆さん、どうかお気をつけて。

 

ルミナリエ 2014

2014年の神戸ルミナリエが終わりましたね。
阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と、街の復興と再生を願って始まったルミナリエも今年で20回目でした。そうかぁ、もう20年経つのか。

第1回目のことはよーく覚えてます。神戸大丸の旧居留地38番館でアルバイトをしていた学生の当時、運営サイドも勝手がわからず歩行者の交通規制など一切なかったため、辺り一帯大混乱となってお店は営業ができないという事態に。翌年から、元町より三宮への一方通行となったんですね。

見に行こうかなぁ、でもあの人混みを考えるとなぁ…と躊躇したまま会期の終わりが見えてきた頃、「今年のルミナリエはLEDを使ってないんだよ」と聞き、最後の最後にやっぱり…と行ってきました、駆け込みルミナリエ。

ここ数日でまたぐっと気温が下がり、なかなかに凍える夜ながらあたたかみのある光はやっぱりホッとさせてくれますね。

そんなルミナリエは敢えてピントを合わさずに撮るのがクキモト流。笑

カメラをぶら下げて歩いているからか、何人かに「写真撮ってください」と頼まれたうち、東遊園地で声をかけてきた若いカップルは香港からの旅行者でした。少し話をしてみると、今日日本に着いたばかりとのこと。最終日のルミナリエ、見れてよかったね。で、他どこに行くの?USJ?ところが返ってきた答えは「有馬温泉」。…キミら若いのにシブいな。(笑) でもここに住んでたって辛くなるこの寒さ。はるか南の香港からやってきたキミたちにはそりゃ寒くてたまらんでしょう!温泉、good choice なんじゃない、うんうん、楽しんでー!!と言って別れました。6日間と言っていた日本滞在、寒いけれどめいっぱい楽しんでくれたらいいなぁ。

最後に神戸市役所のてっぺんにある展望室から足元の東遊園地を眺め…てたところで、ちょうど消灯。

最終日のこの日、会場では消灯式が行われ、鎮魂歌が流されたあと儀礼服の警備員さんたちによる犠牲者の御霊への敬礼、そして鐘の音とともに消灯となったそうです。ルミナリエの本当の意味がわかる瞬間なんですね。毎年赤字と聞くルミナリエ。来年も開催されますようにと、わずかながらチャリーンと募金して帰ってきました。

ネコとブロッコリー

by iPhone 4s

by iPhone 4s

2000年の春生まれ、ミレニアムベビーだったうちの「もも」も今や14歳ってこれ、もうすでにかなりの老齢期(の、はず)。そんなももは主食であるカリカリキャットフードの他に、やっぱり中高年の食生活に野菜は必要でしょ、と自らの健康管理に余念がない。先日も

「ももー、ブロッコリー食べるー?」

と呼びかけるとどこからともなく姿を現して、この通りのかぶりつき。w

by iPhone 4s

by iPhone 4s

他にきゅうりも同様で、あのザラザラした舌で掬うようにしか水の飲めないネコとしては、ウリ科の食物は水分補給に便利であることを知っているのだ。(食べている途中で飽きるのか、しばしばカラカラに干からびていたりもするが。)

14歳といえば、人間でいうと…72歳!?(マジかー!!)すっかりおばあちゃんネコ、ヨボヨボでもいいはずなのに、ももときたらまったく…と言ってはたぶん言い過ぎなんだろうけれど、ほとんど…でも言い過ぎかもしれないけれど、あまり衰えを感じさせない。仔猫のときと変わらず…と言ってはこれまた言い過ぎなんだろうけれど、廊下を突っ走り、タンスに飛び乗り、そこから押入れの天袋にジャーンプ!夜中にひとり運動会を開催してたり、する。

おばあちゃんネコっていうのは、だいたい日長1日暖かい窓辺でひなたぼっこしながら寝て暮らしているものと、そんなイメージなのだが…確かにうちのももも窓辺でひなたぼっこはしてる。この寒い季節は立入禁止の押入れによじ登り、ふとんの間に潜り込んでぬくぬく、出てきたときにはおふとんの匂いをアタマからしっぽまで、全身に纏ってたりもする。(それで怒られる。)それでもあのぴょんぴょんぴょーーーん!はとても14歳=72歳とは思えない身軽さなのだ。

14歳にしてこの軽やかさ。運動能力の高さ。これはきっと主食のキャットフードのみならず、自ら好んでブロッコリーやきゅうりといった野菜を摂取し、健康管理に気を遣っているからに違いない。…たぶん。やるじゃないか、うちのネコ。他にもきゅうりと同じ、ウリ科のスイカとメロンに目がない。こちらは人間が食べているそばに自らやってきて後ろ足で立ち上がり、前足を伸ばしておねだりする。スイカもメロンもメインの果実は糖度がネコの身体には心配なので、果実と皮の間の白いところをももに提供する。それでも相当美味しいらしい。

野菜は野菜でも、キャベツやレタスなどの葉もの野菜には見向きもせず、自分はウサギではない、れっきとしたネコであると自己主張している。(レタスにについてはウサギに対しても賛否両論あるようだが。)きゅうり、スイカ、メロンの瓜系から外れたブロッコリーは謎ながらも、きっと好みというものだろう。

世間では介護の問題が人間界でもペット界でも話題となっている、高齢化の進む現代。自分の人生、元気で過ごしたのち、誰かの世話になることなく旅立ちたいという願いを表した「ピンピンコロリ」という言葉を一時よく耳にしたが、うちのももは「ピョンピョンコロリ」を目指しているようだ。

そして今日もブロッコリーを与えてみた。今度はiPhoneじゃなくてPENで撮ろうと待ち構えて。
今日は何度目かの呼びかけに、やっぱり寒いからか重い腰を上げるようにノロノロと出てきたかと思うと、

クンクン…

プイッ。

…そうか。
今日はブロッコリーの気分じゃないんだな。

って、全然説得力ないじゃないかー!!

NEW スマホのストラップ

iPhone6にするか6plusにするか散々迷って悩んだ末に買ったのは。

今使ってる機種のケースと画面のフィルム。(なんでやねんw

ところがこれが面白いもので、ケースとフィルムを新調しただけで気分一新。画面の見え方もスッキリクリアになったらあら不思議、なんだか新しいスマートフォンを手に入れたような気になっちゃった。当面これで快適なスマホライフが送れる…はず。w

さて、新しく買ったiPhoneケースにはストラップ取り付け穴が。ガラケー時代にはあれやこれやと取っかえ引っかえ楽しんでいたストラップも、iPhoneには取り付けるところがないが故にすっかりご無沙汰になってたのを、せっかくなのでまたストラップつけてみよっと!

って、ことでチョイスしたのがコチラ。

カメラストラップカメラバッグなどのカメラグッズでお馴染み、工房絲(su-)さんフィンガーストラップ。コンパクトカメラにももちろんつけられるけれど、ケータイ/スマホのストラップとしてもピッタリで、以前からいいなぁ、使いたいなぁと思っていたグッズ。迷わずコレにしようと決めたのね〜。

でも、これもひとつひとつ手作りの品。全く同じ色の出方のものはふたつとないわけで、どの色にするかは散々迷って手元にやってきたのは、当初考えていた赤系にグリーンも入ったカラフルなもの。これが、かーわいいんだーーー!!

コチラコチラ、それにこの(↓)カメラストラップともお揃いな雰囲気でいいね〜(満足◎)

by iPhone 4s

by iPhone 4s

当分これで、機種は旧くともウキウキなスマホライフが送れます。いえ、送ります。(キッパリ!!)

 

間に合った!

FBではなくこちらへ…笑

始まったな〜と思ったらもう明日(というかもう今日)までなんですね、
大阪駅のお花畑、フラワーアートミュージアム2014

ギリギリ間に合いました。