デジタルピンホールカメラができました♪

急遽ぽかんと空いてしまった今日の午前中、
PENを使ってピンホールカメラをつくるWSが
あるというので参加してみました♪

オリンパスPEN E-P1を使って研究・作品制作を
しておられる篠原幹尚先生に教わり、0.05mmの
銅箔に極細のビーズ針で0.1〜0.2mmの穴を開ける
という緻密な作業の末できたのが、これ。
カメラのボディキャップに直接穴をあけてピンホール
の銅箔を貼付けます。

カメラに装着すると、こんな感じ。

ピンホール(針穴)カメラ、カメラなのにレンズがないんです!
あの、0.1〜0.2mmの針穴(ピンホール)を通して入ってくる
光を直接イメージセンサーで受けて写真にしちゃう。すごーい!

そうして最初に撮った試し撮り写真がコチラ♪

思いの他、ちゃんと写るじゃないですかー!!!
午後のレクチャーまで時間があったので、近くの靱公園へ
撮影に出掛けることにしました。

で、撮れたのがコチラ。

思いついて、アートフィルターを使ってみることに。
トイフォトを使うと・・・

周辺減光処理により、より一層ピンホールらしくなりましたw
フレームまでつけて、フィルムっぽい?笑

さらに、クロスプロセスで撮ってみると・・・

うん、これ、面白い!ピントが甘いのも、やわらかくて
私はかなり好きです♪ ついでにポップアートでも・・・

ちょうどやってきた子どもが遊び始めました。
シャッター速度が遅い(1/2.5秒)ので、動きがブレて
これまたいい感じです。

しかーし。あまりの寒さにそろそろ退散・・・

すてきな自転車の影を最後に、靭公園前のマクドナルドに
暖を取りに避難したワタクシでありました。。。

篠原先生は、自分で色々作ってごらんなさい、と10枚もの
銅箔やその他の消耗品類をつけて下さいました。

当分、今日のこのピンホールで遊んだのち、チャレンジします! (^^)/

広告
  1. ピンホールの写真 ふわっとして やさしくて とてもいいですね。
    銅箔ってなんだろうと思って検索したらちゃんと出てきました。
    針先で小さな穴をあけてガムテープで貼り付けてあるだけですか?
    オートでとればなんとかうつるものなのでしょうか?
    「いろいろ作ってみなさい」のいろいろってほかに何ができるんだろうとか
    先生の撮ったほかの写真もあればみてみたいなと思いました。
    アートフィルターはここでもプラスαの味を出してくれていますね^^

    • mackeyさん> コメントありがとうございます☆ いやぁ、最近はなかなかピンホールも出番なしで…でも改めて読み返してみるとやっぱり面白いですよね。またやりたくなりました♪

      これを教えて下さった篠原さんは、最近ではOM-Dでピンホール撮影、更にアートフィルターのリーニュクレールと組み合わせて版画風な作品を作っておられ、大変面白いです。

      私もまたピンホール撮影してみまーす!

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。