ロモラボ現像 − タングステンフィルム+クロスプロセス編

台北のロモショプで仕入れた、タングステンフィルム
よくある、白熱灯下での色の狂いをなくすため、
むしろ白熱灯下で色が合うように作られたフィルム。

それを、場所を選ばずじゃんじゃん撮って、さらに
クロスプロセス現像、つまり ポジなんだけど、ネガ現像
しちゃう。と・・・。

(注) 撮影場所は、あいにくと我が家とその周辺につき、
被写体にはあまり注目なさらないでください。
タングステンフィルム+クロスプロセスの
色の変化を純粋にお楽しみ下さい!

すみませーん、ストーリーも何にもなくて。(^^;

でも1本のフィルムでこれだけ色が変わることに
驚き!意外な色の組み合わせが面白いです。

フィルム自体はとても面白いことがわかったので、
これはココイチというときに使おうっと♪
(だって、高いんですものーw)

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。